TOP > 国際 > コロナ感染、無症状でも後遺症長引く可能性 - WSJ

コロナ感染、無症状でも後遺症長引く可能性 - WSJ

 新型コロナウイルスに感染すると、無症状であっても体内にずっと影響が残るかもしれないことが、最近の研究で明らかに。

ツイッターのコメント(17)

無症状の後遺症とは如何に?
無症状者の肺のスキャンに異常が見られるケースのあることが複数の研究で明らかになった。…学生スポーツ選手の心臓に問題が見つかり、その一部は無症状の感染者だった。また無症状および軽症の子どもの患者を調査したところ、血管の小さな損傷とみられる兆候が見つかった。
なんで
厚生労働大臣が
そんな事も知らないのか
無症状や軽症が多いとみられる子どもへのコロナの影響を調べることも重要とのことです。

無症状、軽症をなめてかかる前にまず調べて下さい。
無症状感染者37人のうち60%近くのCT画像に軽度の肺の炎症が起きている兆候が見られ、一部はコロナ患者に特徴的な「すりガラス陰影」を示していた
 またドイツの研究チームの調査結果では、無症状含むコロナ患者100人中78人が発症から2カ月後に心臓MRI検査で異常
21.2/7
よく読めば、けっきょく何もないのがよくわかる記事

どうしても重大なことにしたいのな
自分が無症状の感染者の可能性あるよね。「表面から見えない体内でゆっくり進行すれば、気づいた時には慢性的状態かもしれない」
若者、特にアスリート系はよく聞いといたほうがいい。コロナ感染しても軽症、無症状でも結構後を引く、なかにはアスリート生命を脅かすような後遺症が残る可能性があるとのことだ。
少なくともインフルエンザとは感染組織も増殖組織も全く異なることがわかって来ているのにインフルエンザ時の感染予防策に固執してるのは何故なんだろうか。インフルエンザにはとても効果があったがCOVID19では余り効いてないのでは無かろうか。
無症状者の肺のスキャンに異常が見られるケースのあることが複数の研究で明らかに。小規模な調査では学生スポーツ選手の心臓に問題が見つかり、その一部は無症状の感染者。また無症状および軽症の子どもの患者を調査したところ、血管の小さな損傷とみられる兆候が見つかった。
12月に米血液学会の専門誌に掲載された研究によると、コロナに感染していた子ども50人(うち軽症・無症状が21人)で、血管損傷に関連するバイオマーカーの数値が上昇していることが判明した。論文明らかに
もはや何を言っているんだwww
そんな奴居ない😀
もはやコロナの症状ある人を見つけるのが困難🤷‍♂️
コロナ症状有りの存在が都市伝説🤥
無理やりすぎる
後遺症…
「晩発性障害」。立派な症状では?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR