TOP > 国際 > 逃げ場失うウイグル族、中国にすり寄るトルコ - WSJ

逃げ場失うウイグル族、中国にすり寄るトルコ - WSJ

 中国のウイグル族は何十年も前から、政治的・宗教的弾圧を逃れてトルコへ移動してきたが、トルコはもはや逃避先となり得ないと彼らの多くが恐れている。

ツイッターのコメント(10)

讀賣紙も、本日(2月17日)の国際欄の記事で
「トルコが亡命ウイグル族を巡る中国の介入を容認しつつあるとの見方もある」
と報じている。
俺は日本も「ウイグル族化」が今後されていくと思っている。
日本国民は米国を信頼できる隣人と思っているが、実情はこのトルコみたいなものだ。
非が有ればすぐ手放し、絞り切ればCCPに売り渡す。そして、日本人は中国大陸の離れた奴隷になる。
逃げ場失うウイグル人、中国にすり寄るトルコ


カネとワクチンで他国に言う事を聞かせる中国共産党。
人権、命よりもカネとワクチン(あるいは臓器)を欲する国々。

『平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会』とはどこにある❓
某同志社教授なら、アメリカが制裁するから仕方なくだといつも通り政権を擁護しそう
「何十年も前から、政治的・宗教的弾圧を逃れてトルコへ移動してきた。だがこのところの逮捕劇や中国との引き渡し条約案を受け、トルコはもはや逃避先となり得ないと彼らの多くが恐れている」
トルコはすでに中国のお友達だったけど、ここまで同調するとはね
トルコで中国から非難してきたウイグル人の拘束が始まる。みそこなったぞ、トルコ。
…トルコは目下、中国との関係強化を探っている。インフレ高騰と外貨建て債務の急増でトルコ経済が圧迫される中、中国は投資家…貸し手として歓迎されている。米国による制裁も一因となって2018年にトルコリラが急落した際は、中国工商銀行(ICBC)が…融資を提供…
トルコでのウイグル人逮捕は大半がテロ関連の容疑で、数年前からあったことだが、ここ数カ月でエスカレートしてきたと弁護士らは語る。直近では1月18日、イスタンブールの警察がテロ対策の強制捜索でウイグル族3人を拘束
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR