ドイツの次期政権は石炭火力廃止を2030年に前倒し、連立政権樹立のための妥協に懸念も | TechCrunch Japan

3コメント 2021-11-27 09:35 TechCrunch Japan

ドイツは、最新の気候変動対策の一環として、従来の計画より8年早い2030年までに石炭の使用を廃止することを計画している。同年、ドイツでは電力の80%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。

ツイッターのコメント(3)

注目すべきは、連立政権がより積極的な排出削減目標を設定しなかったことだ。
ドイツは、従来の計画より8年早い2030年までに石炭の使用を廃止、電力の80%を再生可能エネルギーで賄うことを目標

より積極的な排出削減目標を設定しなかった

1.5度の目標を達成するためには、2020年代の終わりまでに、温室効果ガス排出量を少なくとも70%削減する必要
ドイツの次期政権は石炭火力廃止を2030年に前倒し、連立政権樹立のための妥協に懸念も...
以上
 
PR
PR