買収したRed Hatは成長を続けるがIBMの苦戦は続く | TechCrunch Japan

11コメント 2021-10-22 13:21|jp.techcrunch.com

ツイッターのコメント(11)

IBMのRed Hat買収、大成功じゃん。
主事業でキャッシュ稼げるうちに成長企業を買収して、ポートフォリオ組み替えてくとか教科書通り。
IBM、本当に苦しいなぁ。
過去10年、前年の売上を上回ることなく売上縮小を続けていたそうで、今回の四半期決算で前年同期比0.3%増をやっと記録。とは言っても、アナリスト予想の売上は下回っていたそうで、市場の期待にはまだ達していないよう。まだまだ苦境。
あー、買収されたから、CentOSおわりなんやな😅
ビックブルーに注釈がいる時代になっちゃったんだなぁ
常識的に考えてLinux kernelと落ち目のz/OSを比較するした場合、既にz/OSの優位性はないだろう。
しかし、まさかlinuxがsolarisやZを駆逐するとは1995年時点では考えつかなかった。
MS天下でもあったし。
永遠の不発弾‥IBM
今回の決算も失望を読んじゃいました。
方針転換は悪くなかったけどその成果が出ないですね。
Red Hat に吸収されるしかない!
IBMが2018年に Hatは業績に貢献している模様。
ハイブリッドクラウドを完全に理解できてないが、Red Hatのオープン性・独立性を維持しながらのIBM製品の優先的組み込みは一見相反するけど実際どうなんだろう。

買収したRed Hatは成長を続けるがIBMの苦戦は続く
| TechCrunch Japan
“Red Hatの売上高は、インフラストラクチャアプリケーション開発と新興テクノロジーで2桁の成長を達成しました。また、OpenShiftの経常収益が40%以上増加”
Hatは成長を続けるがIBMの苦戦は続く...
以上
 
PR
PR