アマゾンがようやくKindleソフトウェアを大幅にアップデート、より読書しやすいデザインに | TechCrunch Japan

23コメント 2021-09-14 13:19 TechCrunch Japan

Amazonは、Kindleが登場してから数年になる米国時間9月13日、初めてとなるその重要な設計変更をようやく発表した。今回のリニューアルでは、ホーム画面の下部に2つのタブバーを追加され、「ホーム」...

ツイッターのコメント(23)

俺のKindle Paperwhiteの世代は?と購入履歴で調べたら2016年5月に買った第七世代らしい。
アップデート来てないぞ😡順次反映されるのか? /
まあ、どうせあたくしの古すぎるKindleには無関係なんですけどね。「もしあなたが今年の夏の読書を終えたときに、ユーザーインターフェースが古くなったと感じていたのであれば、Amazonも同じ気持ちだったということだ。」とか、そういうとこだぞ。
たしかに使いやすくなった。心なしか反応速度も上がったように思えてしまう
Kindleは読みやすくするのは当たり前で、それプラス紙の本にはない「デバイス内で本を探す」という操作を直観的にしないといけない。これは物理本にはない操作なので試行錯誤が必要。
- 全部の本がデスクトップに並べられていた初期型は無かった事にされてる。
ようやく〜〜〜〜!!!!
何周遅れだよw
ホントにamazonは、本を憎んでるんじゃないかと思う時すらある
Kindleを読むだけならスマホでもことは足りるのだが、やはりE-inkの専用端末はそれしかできないことのメリットがあり愛用している。

今回のアップデートで、前よりは直感的にわかりやすくなっている。

個人的には、スクリーンセーバーにブックカバーが選べるのが嬉しい。
トップ画面のダサいフォントをなんとかしてほしい。。
 
PR
PR