TOP > IT・テクノロジー > Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始、2年間クリエイターの取り分は100% | TechCrunch Japan

Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始、2年間クリエイターの取り分は100% | TechCrunch Japan

13コメント 2021-05-01 12:32  TechCrunch Japan

Spotifyは米国時間4月27日、2021年2月に開催された同社のイベント「Stream On」で新しいサブスクリプションプラットフォームを発表したのに続き、ポッドキャストの有料サブスクリプションの...

ツイッターのコメント(13)

こりゃSpotifyの勝ちかな🧐
日本も音声メディアの需要は伸びてきていますが課金制度はまだ根付いていない。Voicyも課金制度をつける宣言をしていますしこれから課金の流れはあると思いますが、そうなるとクリエイターの質が問われるはず。音声メディアの課題は質の良いクリエイターの確保と育成なのかな
Spotifyは良いよね、うんうん。
Spotifyが有料ポッドキャスト開始!2年間クリエーターの取り分は100%‼️
2年間のうちにどれだけファンを固定化させるかの勝負

注目がApp内課金をさせずSpotifyのwebサイトで支払いをさせること→Appleに支払う手数料30%がかからない。アプリ開発者は知っておきたい手法✨
おはよう☀今日は音声配信のニュースで



音声配信の市場はさらに広がるね😄けど、2年間はクリエイター収益100%でも、市場の大きさによっては2年目以降はAppleとさほど変わらずかもね☝️
Appleに続きSpotifyも。マーケットプレイスの収益化機会が増えている。
で提供されると述べている。つまり、クリエイターは収益の100%を得ることになる。そして2023年春、Spotifyはこのツールへのアクセスに5%の課金を導入する計画だ。

サブスクリプション料金は、月額2.99ドル〜7.99ドルの価格帯から選択できるとのこと。

参考記事はこちら
有料PodcastがAppleとSpotifyで開始される。

マージン
Apple 1年目 30%
Apple 2年目以降 15%
Spotify 2023年春まで なし
Spotify 2023年春以降 5%
✅米国のクリエイターのみを対象に有料サブスクリプションを提供
✅数カ月のうちに海外展開を目指す
✅クリエイターはサブスクリプション料金を3つの価格帯から選択できる
情報発信が容易になった現代では、「何か」を作り出せる人の価値が益々上がっていく。

映画、音楽、アート、小説…プラットホームさえあれば、あとは踊るだけ。

| TechCrunch Japan
Spotifyが米国で有料ポッドキャスト開始

2年間クリエイターの取り分は100%。
数ヶ月以内に海外展開も目指しているとのこと。

Appleポッドキャストも有料サブスク始めてるし続々と有料化が進んでるなー!
私もポッドキャストがんばろっと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR