TOP > IT・テクノロジー > 細胞培養で作られた研究室育ちの豚バラとベーコンをHigher Steaksが初公開 | TechCrunch Japan

細胞培養で作られた研究室育ちの豚バラとベーコンをHigher Steaksが初公開 | TechCrunch Japan

12コメント 2020-07-22 13:21  TechCrunch Japan

細胞培養肉ビジネスにおいて、何が商品化の号令となるかという問いに、新興培養肉企業であるHigher Steakesは、最初の製品のサンプルをなんとか作り上げることだと答える。同社の場合それは、研究室で...

ツイッターのコメント(12)

うーん、いまいち美味しそうに見えないのが残念
豚バラやベーコンを細胞培養で作ることに成功したとのこと🥩
コストは1kg当たり数千ポンド(数十万円)とのこと💷
社会勉強のためにも一度食べてみたいですね🌝
これ上手く行けば将来の食料不足不安が多少解消されるのかな。菜食主義者の方々はこれも拒否するんだろうか。別に殺してないからいいよね?
Food Tec に注目している。21 世紀のトレンドだよね。 Link:
これっていずれ現存の動物じゃ無くてフィクションのお肉も作れそうだね(GODZILLAとか)→
一般のお肉屋さんでも普通に売られる将来が早く来てほしい。

「今はまだ値段が1キログラムあたり数千ポンドという段階です」。
本当にチキンジョージ博士が生まれそうだな
人が、人のために、人の叡智と培養素材で、今の自然を人工的に恩恵受けられるようにして実現出来てる食事を、可能にすることは、とても前向きな気持ちになれます
培養肉開発に残された倫理的課題(およびコスト的障害)の一つがウシ血清への依存

>ウシ血清を使わない豚の培養筋肉を70パーセント含むプロトタイプの開発に世界で初めて成功したのがHigher Steaks
おいしそう? " Japan”
Steaksが初公開...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR