蚕を利用した医薬品製造を目指すKAICOが2.6億円調達、新型コロナ抗体検査キットやワクチンを開発へ | TechCrunch Japan

12コメント 2020-05-25 14:01 TechCrunch Japan

KAICOは5月25日、5月22日に2億6000万円を調達したことを明らかにした。シリーズAラウンドの第三者割当増資による調達で、引受先はFFGベンチャービジネスパートナーズ、九州広域復興支援投資事業...

ツイッターのコメント(12)

2020年の記事 reading:
って、てっきり「カイコ」と聞いてシルクプロテイン発現系かと思えば、バキュロウイルスの発現系をカイコの体内で行うってことらしい。へえ。>
バキュロウイルスを注入して目的タンパクを増産させる手法。蚕といえば九大ですね。取り出す工程は見たくないな...
コロナは蚕で救われる!?九大のタンパク質研究を礎にしたベンチャー。起業家のオアシス福岡で活動。蚕にウイルスをぶち込み、その蚕から抗体を取り出す。抗体医薬品は生産を少数から大規模へ切り替えるハードルがめちゃ高い筈なので、蚕数増やすだけでいいならすごそう。
4000年もの間ヒトの為に衣食や金の代わりになるほど貢献してきたカイコがまた人類を救うのやも。
研究者の方等含めいろんな意味で尊敬
Japan: 蚕を利用した医薬品製造を目指すKAICOが2.6億円調達、新型コロナ抗体検査キットやワクチンを開発へ.
新型コロナウイルスのSプロテイン三量体の開発に成功し、 複数の抗体との結合を確認。
ワクチン候補として今後量産体制を確立し、製薬企業へ共同開発。
蚕と言えば…ないか
こういう専門的な分野になると技術的なことは全然わからないけど、テクノロジーの可能性がどんどん広がっているのを感じる
読んでも理解できなかったけど、何かスゲー
九州から希望があふれるニュース!
蚕を利用した医薬品製造を目指すKAICOが2.6億円調達、新型コロナ抗体検査キットやワクチンを開発へ...
以上
 

 
PR