TOP > IT・テクノロジー > エアロネクストとANAホールディングスが物流ドローンを共同開発へ、空の産業革命レベル4を目指す | TechCrunch Japan

エアロネクストとANAホールディングスが物流ドローンを共同開発へ、空の産業革命レベル4を目指す | TechCrunch Japan

15コメント 登録日時:2020-05-20 11:02 | TechCrunch Japanキャッシュ

独自のドローン機体設計技術を擁するスタートアップでるエアロネクストとANAホールディングス(ANAHD)は5月20日、物流ドローンの共同開発に向けて業務提携することを明らかにした。...

ツイッターのコメント(15)

ドローン市場は注目✍️
アナが荷物を水平に運べるドローンを開発しているそうです。
物流業界の市場規模は20兆円越え。ドローン物流銘柄に期待。
地方との格差も少なくなるし、物流の重労働も削減できる素晴らしい取り組みだと思います。
いいねー
見てみたい!
個人だけでなく製造業向けにも展開するモデルはあるのだろうか?リードタイム短縮に一役買いそう。
物流無人化に向けてどんどん技術が進展してるねぇ。
> 両社は2020年度内に共同開発した物流ドローンによる実証実験を開始し、2022年度の空の産業革命レベル4」解禁に向けて量産化を進める。ドローンによる物流サービスが地域課題の解決する新たなインフラとして社会実装することを目指すとのことだ。
この産業の発展に期待!
ANAには頑張って欲しいな。でも、これはビジネスとして成立させるには結構大変だよな・・・トヨタのWovenシティでまずは実験?
航空業界は経営の多角化が必須ですものね 
それに新型コロナウイルスの影響や少子高齢化等の影響により、ドローンは間違いなく伸びる領域てますので、一消費者として成功を願っております…!
お!ドローンのニュースが増えている / Japan)
良いニュース。
CAさん達には関係ありませんが…
さすがANA!
ラストワンマイルが改善されるための投資は、大きい会社にしかできないことだから頑張ってほしい。
こういう取り組みは素敵ですね。 / Japan)
エアロネクストとANAホールディングスが物流ドローンを共同開発へ、空の産業革命レベル4を目指す...
以上

記事本文: エアロネクストとANAホールディングスが物流ドローンを共同開発へ、空の産業革命レベル4を目指す | TechCrunch Japan

いま話題の記事