YouTubeがテレビ視聴者と広告主をつなぐ新しい広告コンテンツと効果測定ツールを導入へ | TechCrunch Japan

18コメント 2020-05-08 19:49 TechCrunch Japan

YouTubeは、テレビ視聴者にリーチし、広告効果を測定するためのツールを広告主に提供することを明らかにした。

ツイッターのコメント(18)

"「テレビでのYouTubeの視聴は前年比で75%以上増えており、広告主が視聴者に到達するための新しい方法を提供する。そのとき消費者は、進化した新しい方法でお気に入りのコンテンツを見るでしょう」と同社は広告主に売り込んでいる。"
「楽しいテレビの見方」の属性順位の転換。コロナの影響でこの動きが加速したことは間違いなさそう。
New waveな予感。Alphabet(Googleの親会社)傘下の
動画バブルがはじける瞬間、そう遠くない未来でありそうだな
・テレビでのYouTubeの視聴は前年比で75%以上増加。
テレビでのYouTubeの視聴は前年比で75%以上増えており、広告主が視聴者に到達するための新しい方法を提供する。>
youtubeをテレビで見る人が増えてきた。僕も半年くらい前から完全にyoutube on TV派。

一度テレビで見たらスマホに戻れない……見やす過ぎて…
テレビでユーチューブを見てる人が増えてる!なるほどね!
なるほど。こういうかたちではじまるのか→
ライブドア時代にホリエモンがTV業界に切り込んでされようとしていたことが実現に向かっていたら、もしかしたら10年早くネットとの融合的な取り組みと広告事業モデルが進んでいたかもしれない。
SNSのフォロワーが多いだけで、なにも広告効果がないインフルエンサーは、これからは効果測定の時代だから危機感を持った方がいいよ。

そこまで時代の先を読み取れるブランディング&プロデュース能力あるのか個人差...
自宅待機によってYoutubeの視聴方法はスマホからテレビに変わりつつあるということか。
YouTubeは最新の広告プロダクトを広告主が「ストリーミングブームの波に乗るため」の方法として売り込もうと広告効果測定ツール「Brand Lift」のテレビ用のローンチを
YouTubeでよく出てくるサーベイがTVでYouTubeを見ている時にも出るようになるのか…
広告主としては、TVを持っている人(=TVを見ている人)にサービス認知を調査出来るし、CMの効果を間接的に測る上で結構便利かも…
テレビでのYouTube視聴は前年比75%以上急増

ライブコンテンツをテレビで見る視聴時間 全世界250%増
長編映画YouTube Moviesで見る時間 800%増
YouTube TVライブとオンデマンドサービスの視聴時間は米国で300%伸び、ニュースは450%増えた

テレビもGoogleに取り込まれる?
以上
 
PR
PR