TOP > IT・テクノロジー > SNSでニュースを得ることが多い人は新型コロナに誤解していることも | TechCrunch Japan

SNSでニュースを得ることが多い人は新型コロナに誤解していることも | TechCrunch Japan

10コメント 登録日時:2020-03-26 10:33 | TechCrunch Japanキャッシュ

Pew Research Centerが行った最近のアンケート調査によると、新型コロナウイルス(COVID-19)に関する情報は、それを主にソーシャルネットワークから入手する人ともっと伝統的なニュースソースから得る人の2派に分かれる。...

ツイッターのコメント(10)

そりゃ、デマに簡単に踊らされるくらいだからねぇ🤔
この表題は記事の内容と照らし合わせて不適切なのでは?と思う。もしくは、調査結果を適切に訳せていないか。いずれにせよ、こんな情報をメディアとして流せることが問題。
"もっと怖いのは、ニュースを主にソーシャルメディアから得る人が、新型コロナウイルスの脅威を誇張されていると感じていることだ。これらの人が45%がメディアは新型コロナウイルスの危険性を誇張しすぎていると答えている。" これ日本で同じ調査したら結果はどうだろう?
\気になったお得情報/
>ソーシャルメディアから得ると答えた人の中では、現在の科学者たちの合意事項である新型コロナウイルスのワクチンは1年以上後に利用できるようになると答えた人がわずか37%だった
日本の場合は「ワイドショーから得ている人」も含まれそうだから、どっかがアンケートしないかな
これ、面白いな。
確かにそういう傾向はありそう。
複数媒体に目を通していないとそうなるかも。
以上

記事本文: SNSでニュースを得ることが多い人は新型コロナに誤解していることも | TechCrunch Japan

いま話題の記事