TOP > IT・テクノロジー > InstagramがついにTikTokに敗北を認める | TechCrunch Japan

InstagramがついにTikTokに敗北を認める | TechCrunch Japan

57コメント 登録日時:2020-01-21 07:32 | TechCrunch Japanキャッシュ

Instagramには10億人のユーザーがいるというのにショートビデオのIGTVアプリをダウンロードしたのは1年半で700万人だった。Tiktokの80分の1のインストール数だ。...

ツイッターのコメント(57)

InstagramはTikTokに敗北を
【認めてないよ】

InstagramはIGTVの改良に向けて
一歩引いて調整している

純粋なInstagramファンとして
今後もクリエイティブな世界観
に引き込ませてくれる

動画サービスを期待。
もうヤバい気しか…
副代表の赤熊です。こんな記事が出ていますが、TikTokの実態は危険と問題が溢れる得体の知れないアプリです。
たしかに気づいたらIGTV無くなってたな〜。
他のプラットフォームもそうかもしれませんが
ユーザーベースがあるから横展開や染み出したサービスが上手くいくわけない良い事例ですね
スマホに合わせた縦型動画を
スワイプで見れるUIで提供したのが
TikTokの勝因かなという気がします
インスタではきれいな自分を演じてるけど、
街中も同じようにどんどんきれいな場所になってて、
自分の汚さを吐き出す場所がなくなった

でもなんかtiktokは自分の汚さをちょっと出せる場所な気もする?



4G時代の覇者はInstagram等の画像、文字メディアだったが、5G時代の覇者は、やはり、TikTokを筆頭とした動画メディアになるのだろうか。もしそうなれば、日中の力関係が変わってくる可能性もある。この辺りの攻防は興味深いよね。
・InstagramerがIGTVにアップしたビデオを直接収益化する方法(広告収入・サブスクリプション・投げ銭)がなかった

・Instagramユーザーに長尺ビデオのニーズがなかった

・縦位置長尺ビデオの優れたコンテンツが上がらなかった
IGTV...そういえばあったなそんな機能
IGTV登場時のインフルエンサーからの礼賛すごかったけど、結局縦型は自撮りの延長でしかないからそりゃ短いほうがいいだろう。(後からならなんでも言える)
マーケティングの大切さのわかる記事🌝
タイトル大げさだけど、確かにアプリからIGTVのボタンが消えたのは気づかなかった。
IGTVの活用な...

>>InstagramのメインアプリからIGTVの利用を促す目ざわりなオレンジ色のボタンが消えたのはこの結果に敗北を認めたからだろう。今後はIGTVは「Explore」(発見)タブから開くことになる。
✅ショートムービープラットフォーム

そういえばインスタの動画版みたいなのあったな、、
原文のタイトルは「InstagramがIGTVボタンを削除」なのに日本語タイトルが「InstagramがついにTikTokに敗北を認める」。全く虚偽の釣りタイトルとして翻訳されてる。
Japanはこういう低俗なやり方を容認してるの?
勝ち負けなの?と思ったけど、それでこの記事開いたから、とりあえず私はタイトルに負けたのねw
InstagramもTikTokも発信者のインサイトをうまくつかんでいる。

両者共通しているのは"安心"
なぜ、ストーリーは1日できえるの?TikTokを配信するたてまえはなに?
に着目すると答えがでてくるかも🤔
「Instagramには10億人のユーザーがいるというのに、ショートビデオのIGTVアプリをダウンロードしたのは2018年6月のリリース以来、18カ月で700万人だった。これはTiktokの80分の1のインストール数だ」|
個人的にはtvという表現が受け入れられなかったんじゃないかと思う
あぁたしかにIGTVのボタン消えてるわ。
てか、IGTV見たことないわ(笑)
スナチャ模倣のストーリーは成功したけど、やっぱり他社の模倣が常に成功する訳ではないね。
という記事

・InstagramユーザーにIGTV(長いビデオ)のニーズはなかった
・IGTVにビデオをアップしてもViewが伸びない
・インスタのトップ(フォロワー1000万人)でさえ、20本アップした動画のうち、50万再生を超えたのは1本だけ
だとしてもやっぱり購入同線はインスタの方がきれいだと思うんだよなあ🥺

IGTVはなかなか良いコンテンツが出てこず、ハマることなくアプリを開かなくなった。インスタの世界観で動画を見続けるってけっこうしんどいんですよね。
もうインスタグラムも飽きられてきてるのかな。そりゃそうだよなとも思う。
あれ、確かに消えてる ー
敗北したというよりも、使ってるユーザーが、
「SNSそれぞれの特徴を理解して使い分けている」
というところではないかと。

と言いながら、僕も使ったことなかったな、IGTV
16:9(またはシネスコープ)、せめて1:1だなぁ...
競合との争い、ユーザーの利用シーンとのミスマッチ。そういえば使わなくなったな。。
ついに〜
出た頃予想してたけど、予想より早い!
IGTVアプリは筋トレ動画投稿サービスになってた。
IGTVが伸びなかったのは事実だけど、だからといって「TikTokに敗北」したというのはちょっと違う気がする。どっちかというと「YouTubeに敗北」じゃないのかな? TikTokの競合はむしろストーリーズでは?

IGTVは「結局これはYoutubeと何が違うんだ?」というのとTiktokの勢いが違いすぎるわな。。Tiktokはごく普通の人でもあたりさえすれば200kとか行くし
社内でも縦型、たてがた、タテガタって呪文のように話題に上がってたな。手段ばっかりに目がいってしまってた。
ミスリードしそうなタイトル。笑
内容としてはIGTVの新規DL数とTikTokの新規DL数を比較した記事
あー、やっぱりそうやんね、IGTVとTikTokは競合だと思ってたけど、ダメだったか。
利用者市場に地理的な偏在性はないのかな?
失敗した後なら何とでも分析できるけど、いざ作る時にはなかなかそこまで見越せないから物作りは難しいと感じる今日この頃です。ここからの巻き返しに期待。
短い動画の分野では負けちゃってるようね~
「TikTokわからないから俺達もうおじさんだね」って笑ってたけど、もう全く笑えなくなってきた。しっかり勉強したいと思います。
ドラマとかが出てきたときは、可能性はあると思ったんだけどな~。
縦型の動画はtictocの1人勝ち。
これ敗北というと、なんかニュアンスが異なるのだろうけれど、個人的にはIGTVはもっと来ると思っていた。TikTokみたいに高速かつ、リズムあるテンポ、動画が自動的に切り替わる方がスマホ & 動画の軸のプラットフォームでは強かったという話なのだろうな。
IGTVもだしFacebook Watchも、FBグループは長尺の動画になかなか苦戦してる感がある。ライブ配信はいい感じだけど。
"IGTVの利用を促す目ざわりなオレンジ色のボタンが消えたのはこの結果に敗北を認めたからだろう。TikTokは同じ期間に世界で11億5000万のユーザーを獲得している。Sensor Towerのデータによると米国だけでTikTokでは8050万ダウンロードがあったのにIGTVはわずか110万件だった"
PFとコンテンツ提供者がwin-winな状況が作られると良質なコンテンツが生まれ、良質なコンテンツが集まるPFには多くのエンドユーザーが集まる。PFはコンテンツ提供者とエンドユーザー両方のメリットを考える必要がある
釣りタイトル感。まぁ数値的に事実なのかな?
wワロタ

>InstagramのメインアプリからIGTVの利用を促す目ざわりなオレンジ色のボタンが消えたのはこの結果に敗北を認めたからだろう
へぇ。

『 Japan』
先進的すぎて使いづらいことで有名だったTikTokのUI、久しぶりに開いたら超分かりやすくなってた。
InstagramがついにTikTokに敗北を認める!

Instagramには10億人のユーザーがいるというのに、ショートビデオのIGTVアプリをダウンロードしたのは2018年6月のリリース以来、18カ月で700万人だった。これはTiktokの80分の1のインストール数だ
“Instagramは長尺縦型ビデオというプラットフォームで成功を収められなかった” →
以上

記事本文: InstagramがついにTikTokに敗北を認める | TechCrunch Japan

いま話題の記事