TOP > IT・テクノロジー > 2020年版メンタルヘルステックカオスマップをemolが公開 | TechCrunch Japan

2020年版メンタルヘルステックカオスマップをemolが公開 | TechCrunch Japan

AIとのチャットを利用した個人向けの感情ログアプリ「emol(エモル)」や法人向けのメンタルケアプラットフォーム「emol work(エモルワーク)」を提供するemolは1月14日、「国内メンタルヘルステックカオスマップ 2020年版」を公開した。...

ツイッターのコメント(43)

メンタルヘルス×テック、こんなにあるんや。
2020年1月に出したこちらのカオスマップ

今年に入ってメンタルヘルスのサービスが増えてきてるので、2021年版はめっちゃパワーアップしたものが作れそうで楽しみ
HRの括り、組織サーベイのサービスさすがにこれ多すぎないか。。
コミュニティ、メンタルヘルステックビジネスが増えるのは「個」でも生活が成立するが埋められない不満孤独を癒す渇望があり、都市・地方でも機能する。

ちなみにポピュリズムは心の隙に、遠方の抽象的な国家という熱狂と一体化を幻想させるからメディアは悪用しちゃダメね。
メンタル版こんなにあるんだー!!
enherbとかなにやってるんだろ??
メンタルヘルスとのカオスマップ。
多数のメンタルヘルスソリューションの選択肢が開発され、余に出てきています。
メンタルヘルス系のアプリがめっちゃある!
自分に合わせたものを生活に取り入れれば、精神的に楽になるかも。

「SELF」は、美少女・イケメンAIとチャットで対話できるみたい(まだ不完全)

あとで全部チェックする。
なんなら、サービス使ってみる
メンタルヘルス・健康経営・エンゲージメント領域に大変興味を持っているものの、業界の全体像の理解が不足しているな、私。こうしたデータはありがたい〜。。!
国内なのにハーブカテゴリがある!?と思ったらハーブティーとか合法のやつだった。残念。けどそりゃそうか。大麻は今年のSXSWテーマの一つなので楽しみにしてます。
年々プレイヤー増えてってるなぁ。いいなと思うのは、セルフケア系と職場でのラインケア系の両方が重なり合うように市場が作られていっていることだな。
ひとつだけ物申すとしたら、うちのCarelyちゃんは「HRTechのメンタルヘルス領域」になりますね。メンタルヘルステックとHRテックではサービスの本質がまったく異なりまする。
企業向けのメンタルヘルスサービスが増加するのは、不気味でもある。「メンタル状況を可視化」とかされたくない。

カテゴリとしては「ハーブ」がユニーク。
以前精神科医の先生に問診にはメソッドはあるかと聴いた事がある。ない、との返答。患者の自発的な発言が心理分析では大切だとの事。果たしてどこまでデジタル化できるのだろうか。
2020年版メンタルヘルステックカオスマップ
IT業界でお馴染みの最新カオスマップ。今回はメンタルヘルス事業
ほぼHRでワロタ。
メンタルヘルステックのカオスマップ。
こんなにサービスあるんですね👀(Uniposとか若干違うような気もするので結構範囲広いまとめだとは思います)
メンタルヘルステックのサービスこんなにあるんだ😳使ったことないけど
はえ〜こんな分野もあるのね。
メンタルヘルス・・・ 
人辞めすぎ問題のうちは導入したほうがいいんでないか
カウンセリング興味ある
社会が疲れているなと同時にニーズがあるんだろうな、とも思う!!
Carelyさんあった!色が紛れて見つからなかった><
メンタルヘルステック系のサービスって、青色になりがちなのかしら?w
ユカイ工学のqooboが入ってるのが意外だけどなるほど。
今日は京大起業部の定例会でもメンタルヘルステックやウェルビーイングの話になりました。
U2plus、これみると日本初のメンタルヘルステックサービスだと思いきや、ルナルナ大先輩がいました。2000年にサービス開始…!
メンタルヘルステックのカオスマップなんて始めて見たよこんなにあるのか。
でもよく見るとルナルナとか入ってるし幅広くメンタルじゃないやつも混ぜて集めてる感じ。本当にメンタルヘルスなのは左上の一部くらいかな。知らないサービスばかりだ。
まさにカオス。。。 →
働き方改革などの施策もあり、今後さらに注目されていく分野ですね!
弊社も入れてもろて、ありがとうございます。
HR多い。個人向けのやつざっと試してみる
メンタルヘルステックの分野はまだまだ伸びそう
こころは現代の一大テーマだもんね
いろんなアプローチがある
今日はメンタルヘルスのカオスマップがリリースされている /
メンタルヘルステックに、ハーブ🌿のカテゴリあるんだ
“人のライフスタイルに合わせたさまざまなソリューションが必要とされている時代に変遷している傾向が見られる ” /
HeadspaceもYouperもない!と思ったら国内だった…。
“CCBT(コンピュータ認知行動療法)”!そういうのもあるのか
メンタルヘルスに取り組む会社さんがもっと増えて、提供する価値の底上げができればいいなと思います
以上
 

いま話題のニュース

PR