TOP > IT・テクノロジー > BloombergターミナルのライバルAtom Financeがフリーミアムモデルの刷新に向け約14億円を調達 | TechCrunch Japan

BloombergターミナルのライバルAtom Financeがフリーミアムモデルの刷新に向け約14億円を調達 | TechCrunch Japan

ウォール街で勝ちたいならYahoo Financeでは物足りないが、かといってBloombergのターミナルは年間なんと2万4000ドル(約260万円)もかかる。そこでAtom Financeが、プロの投資家が行うリサーチを身近にする無料のツールを開発した。Robinhoodが株の取引コストをゼロにしたとすれば、Atom Fi...

ツイッターのコメント(10)

真正面;
無料機能と有料のプレミアム機能で収益化するらしい。いいねこれ
話題になってますね…
Atom Financeについてはこちらの記事が詳しいです。



✅どの株を買うべきか判断するコストをゼロにする

✅Yahoo Finance、Google Financeは初歩的すぎる。Bloomberg、CapIQ、Factsetは価格が高すぎる。Atom Financeをその中間

✅6月の立ち上げから10万人がユーザー登録
こんなのあるんだ。
Bloombergターミナルのライバルでありディスラプターと思われるAtom Financeがフリーミアムモデルの刷新に向け約14億円を調達。

この機関投資家向けツールを、個人投資家が使う、所謂「コンシューマライザーション」は、個人の投資を違う次元に進めそう
Robinhoodが株の取引コストをゼロにしたとすれば、Atom Financeはどの株を買うべきか判断するコストをゼロにする。
Bloombergみたいな機能を個人でフリーミアムで使える『Atom Finance』。
まだ使いこなせていないのですが、Yahoo Financeよりは圧倒的に便利で、何よりサクサク動くのがいい感じです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR