TOP > IT・テクノロジー > Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念 | TechCrunch Japan

Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念 | TechCrunch Japan

25コメント 登録日時:2019-07-21 10:25 | TechCrunch Japanキャッシュ

明らかに、中国のDJIの市場での強さに負けて、同社はAnafi以外のドローンを閉鎖するのだ。その系統はDJIのMavicに酷似しているが、Parrotは折りたたみ式のクワッドコプターをエンタープライズのユーザーに向ける。...

ツイッターのコメント(25)

とうとうこうなったか。
さすがにメイドイン中華には勝てないのだろうか
トイドローン市場は中国製品が氾濫する
2Bにならざるを;
あら。撤退しちゃうのか。
となるとますます消費者向けはDJI一強になっていくなぁ…。
明らかに、中国DJIの市場での強さに負けて、同社はAnafi以外のドローンをすべて閉鎖するのだ/消費者やホビイスト向けのドローン市場はまだ成長を続けているが、近年その市場はDJIが完全に支配した / J…”
次のおもちゃはParrotにしようかと思ってただけに残念
ふーむ、ローエンドに限らずDJIが寡占かな… /
あらら、、
ついにParrotまで…
パロットが一般消費者向けのドローンを辞めるのか。

日本の場合ドローンを悪名高きものにしたのは言うまでもなく、例の少年なんだが、あの少年が使っていたのがパロットのドローンなんだよな。日本市場においてはあの少年がパロットというブランドを潰したも同然だわな。
“Anafi以外のドローンをすべて閉鎖する”
えー、残念。。。
あら、DJIが強すぎたようだ
“消費者やホビイスト向けのドローン市場はまだ成長を続けているが、近年その市場はDJIが完全に支配した”そうかー /
Parrotよ、お前もか…
あらー。パロットレベルの事業者でも辛いのか。
まあ、遅かれ早かれこうなるかと
「Anafi以外」と記載があって安堵しました・・。
とはいえ撤退かぁ
んー撤退してまうんね😢
DJIは強すぎたか /
ドローン市場の動きの早さ! →
以上

記事本文: Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念 | TechCrunch Japan