TOP > IT・テクノロジー > 京都を拠点とする農業スタートアップの坂ノ途中が総額6億100万円を調達 | TechCrunch Japan

京都を拠点とする農業スタートアップの坂ノ途中が総額6億100万円を調達 | TechCrunch Japan

28コメント 登録日時:2019-05-16 13:02 | TechCrunch Japanキャッシュ

京都を拠点として持続可能な農業の普及を目指すスタートアップである坂ノ途中は5月16日、第三者割当増資により総額6億100万円の資金調達を発表した。調達額は累計で約8億4700万円となる。...

Twitterのコメント(28)

これはガチで頑張って欲しい〜♪ >>
めでたいなぁ、素敵だなぁ。
5年前、共にシェアハウスとECをしていた相棒のタイシが頑張ってる!かっこええ〜おれも負けてられぬ!

京都を拠点とする農業スタートアップの坂ノ途中が総額6億超の資金を調達
6億円調達!農業ベンチャーで6億円すごい!!
農業ベンチャーが最近熱いね〜。
おおおお。坂ノ途中が資金調達。めっちゃ応援してます!/ @jptechcrunch
めでたい / “ Japan”
おぉー!見落としてた。
応援したい!
ここの野菜買ってみたいな~と思ってたんだよね
珍しい野菜が送られてきたりすることもあるらしい。いつもの料理に飽きてるから、開けてビックリ!的なのは面白そうだな~と思って
Afiveかな?
農業を目指す人が出て来る 世の中になろうとは。
元銀行マンということなので、資金調達はうまいんだと思いますが、、、。
ちょっと現実的じゃないんだよなあ、、、。
まあ、こんな私の常識を打ち破ってくれることを期待してます
コーヒー事業もあるのだそうで。|
おお、すごい。就農支援の文脈なのかぁ。|
京都にもスタートアップあったんですね。
来たる東南アジアコーヒーの時代とのこと
おおお、まじか。
TABICA公認ホストもしてくださってる坂の途中さん、資金調達!めでたい!!

一緒に働く方も、絶賛募集中だそうです!!
京大が出資してる!
おめでとう!>
坂の途中さん、ただの農業生産法人だとおもってたけど、これは農業スタートアップだw
すごく価値のある事業。農業のような領域は手を入れる予定がかなりありそう。
ダッシュボードもっと使いやすくできそうだな・・・
農業系にしては大きい調達
以上

記事本文: 京都を拠点とする農業スタートアップの坂ノ途中が総額6億100万円を調達 | TechCrunch Japan

関連記事