TOP > IT・テクノロジー > 中国の長時間労働にスタートアップが反撃 | TechCrunch Japan

中国の長時間労働にスタートアップが反撃 | TechCrunch Japan

14コメント 登録日時:2019-04-14 19:22 | TechCrunch Japanキャッシュ

中国の労基法は1週間の労働時間は44時間とし、それ以上の労働には残業代を支払うことが定められている。しかし多くが法律を守っていない。...

Twitterのコメント(14)

世代ごとの認識・価値観、その世代内での価値創造意欲の違い、既得権益、投資家、アウトプット、過当競争といったものが絡んでいるので、996を一枚岩で語ることはできない。
日本の「働き方」改革も同じ。IBやコンサルで死ぬほど働きたい人もそうでない人もいる。
1週間に44時間。土曜日はんどんってことですか?
僕も一番成長した時期は多分996のように働いていた時期だけど、結局それを従業員にも求めるのは経営者や投資家のエゴでしかないと思う。そして996で働いてる人は高確率で燃え尽きたり鬱になったりするのも考えると、僕は955で十分だと思う。
9時から9時まで働くのを週6日で996ってのは少し前までの話で、今は12時(00時)まで働くのを週7日っていう007だって話を聞いたな。社食が3食無料って話聞いて羨ましいと思ったけど、よく考えたら、ね。
働き方については、人それぞれ合う合わない、求めているものが違うから「他社は社員を働かせすぎだ」「あの会社は休みすぎだ」などと言わずそれぞれのこだわりで結果を出して、社員は自分の合う会社に勤めるのが良い気がするな〜
996ICUという長時間労働における動きについて。 /
おおこれは…
意外と日本よりも進んでいくようにも思われる
っぱない;
ここ2週間くらいずっとGitHub Trendingの1位に居座り続けてる
中国の にスタートアップが反撃 |
9時-21時は別にいいけど、週6日勤務は嫌だね。
個人的には効率的に働くのは大前提としても、数をこなさないと分からないこともあるという考えです。特に特に若い時は経験したもん勝ちだと思います。 / Japan)
組織のトップが長時間労働を称賛しちゃうのがまずい気がする /
長時間労働に対して規制をかけるかどうかはすごく難しい問題だと思う。時間を売ってお金を稼ぐタイプの仕事でない限りは、長時間労働働くことで身につくスキルや経験も倍速になるし、若い時は喜んで仕事欲しがる人もいるはず。
996か、995で80h強/月だからな。
以上

記事本文: 中国の長時間労働にスタートアップが反撃 | TechCrunch Japan

関連記事