noteが「note pro for HR」で採用領域に進出、“noteに書くと良いことが起こる”体験の拡大目指す | TechCrunch Japan

44コメント 登録日時:2019-03-15 11:25 | TechCrunch Japanキャッシュ

メディアプラットフォーム「note」を展開するピースオブケイクがは3月15日より、採用広報業務を支援する「note pro for HR」の提供をスタートした。...

Twitterのコメント(44)

数年でMAU5倍に増やす
noteおもしろいなぁ
主戦か;
まさか採用に来るとは。採用業務代行も込み。
弊法人(@NpoSmsc )広報室はnote使ってます。
独特のコミュニティがある気がする。
採用にはストーリーが必須なので、熱く語るだけで、記事に仕上げてくれる良さげなサービス。
noteで記事作成まで対応する企業向けの採用広報サポートプラン開始。

@jptechcrunch
あぁ…どんどん領域が増えてく…
を使った発信という意味では、弊社オイシックス・ラ・大地もなかなかにやってます。
noteを活用した広報コンテンツ制作を含む採用支援サービスを展開。
新たな採用方法としておもしろい!
これ興味あるな。これからの方向性や企業側でできることを理解したい。
メディアも勃興してるからどのプラットフォームにするかでまず迷う
宝くじに当たって病気が治って気になる同僚に告白されイヤな上司が左遷でもされるんだろうかw?:
> インターネットで1番ポジティブな言論空間を維持する
これだよこれ
採用広報コンテンツ作成特化の月35万と、記事の作成+採用業務の代行で月59万。人力を使うって難しいけどこの単価をとれるのは強い
ドライブ感が良い。
テキストで表現するという創作活動そのものが事業のドメインになって、こういう拡大していくの、オシャレすぎる/
wantedlyのブログで 採用のスタイルに変化が起きているように、会社の魅力を自然体で書くことが一般的に、ライティングスキルが世の中でより必要になりそうですね。/ |
これは注目。採用広報のプラットフォームが変わるかも
非常にいいと思います!
この組み込み機能、一度お話を聞いてみたいです。
おー、書くことの可能性が広がっていく。
法人向けをローンチしたと思ったら今度はHR進出かー

今後はSNSでの採用が主流になっていくのか
「note」と「キャスター」の組合せはよさそう!
TechCrunchさんに取材いただきました。CXO深津さんとぼくで、今回の人材採用関連の話だけでなく、note全体で目指している方向性に対して答えてます。|
弊社ドンピシャなタイミングすぎるので一度ご相談したいです泣
ある意味note使うのが採用広報の「型」になりつつあることを示唆しているような気がしているので、そろそろ次のPFが出始めてもいい頃なのかも
やっぱ採用系でマネタイズなんすね!
たしかにnoteを見ているとコンテンツの空気が良い。はてなとかとは、大きな違いがありますね。
いいねええええええええええ▷
めちゃすてき。「cotreeで話したら、良いことが起こる」を目指したい。

"「noteに書くと、良いことが起こる」の実現へ"
キャスターさんと連携して、noteで採用パッケージを提供しますよー。会社紹介記事やチームインタビューの執筆や、採用代行などがやってくれます。企業さんが必要なのは熱い想いを語るだけ!
noteもbosyuも、キャスターに入る前から使ったことのあるサービスだったのだけれども、いざ入社したら提携したり運営しているから、ただ驚くばかりよほんと
これはめちゃくちゃ良いと思う!
本日のピースオブケイクさんとの提携についてTech Crunchさんにも触れていただいておりますー!
noteスピード感すごい!今後の展開きになるなー>>>
採用代行サービスを展開するキャスターと業務提携し、noteを活用した広報コンテンツ制作を含む採用支援サービスを展開する。
以上

記事本文: noteが「note pro for HR」で採用領域に進出、“noteに書くと良いことが起こる”体験の拡大目指す | TechCrunch Japan

関連記事