TOP > IT・テクノロジー > 定額制ランチサービス「POTLUCK」で「テイクアウト保険」の適用開始 | TechCrunch Japan

定額制ランチサービス「POTLUCK」で「テイクアウト保険」の適用開始 | TechCrunch Japan

12コメント 2019-03-13 11:42  TechCrunch Japan

RYM&CO.は3月13日、三井住友海上火災保険との連携で「テイクアウト保険」の提供を開始した。

ツイッターのコメント(12)

Potluckヘビーユーザーだけど知らなかった

スタートアップが新しい市場作って大企業が得意分野のプロダクト提供してサービス基盤強化するっていう黄金パターン
テロル;
POTLUCKさん、原宿・神宮前エリアにも拡大してほしい
この辺、意識高くて飲食店少ないからランチ750円がミニマムなんや_(┐「ε:)_
@Ryoma_Taniai さん..何卒🙏
フードデリバリーでも、注文したのと違うメニューが届いたり、ドライバーのミスで配達が遅れまくったりキャンセルされた場合の時間ロスを保障する保険欲しい(切実)。
これで加盟店増えてくれるかなぁ

定額制ランチサービス「Potluck」で「テイクアウト保険」の適用開始
・30日間有効のチケットを購入すれば、様々な飲食店のランチがテイクアウトできる。
・4080円で6枚(1食680円)、1万2000円で20枚(同510円)のチケットを付与。
いい提携!
三井住友海上さんとベンチャーのこういった取り組みいいですね!
万が一の事故が発生した場合に、テイクアウトの提供者や利用者が追加費用を一切支払うことなくサポートを受けられるというもの。具体的には、食中毒などが発生した場合の賠償金などを、テイクアウト提供者が個別で加入するPL保険の上限金額を超過した際に、その不足分を補う。
月額定額制のランチテイクアウトサービスなんていうのがあるのか…。30日間有効のチケットを購入する事で、色々な飲食店のランチがテイクアウト可能な「POTLUCK」。現在は渋谷/恵比寿/代官山/表参道エリアのみ。これに三井住友海上が連携して「テイクアウト保険」を開始。と。
これは素晴らしい!
UberEATS もこういう取り組みすれば良いのに。笑
"3月13日から「テイクアウト保険」の提供を開始した。これは三井住友海上火災保険との連携で実現したもの。万が一の事故が発生した場合に、テイクアウトの提供者や利用者が追加費用を一切支払うことなくサポートを受けられるというもの。"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR