TOP > IT・テクノロジー > 本やCD特化の「メルカリ カウル」終了へ、メルカリ本体へ一本化 | TechCrunch Japan

本やCD特化の「メルカリ カウル」終了へ、メルカリ本体へ一本化 | TechCrunch Japan

メルカリのグループ会社であるソウゾウは11月2日、本やCDなどの取引に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」の提供を終了することを発表した。終了時期は2018年12月17日の予定だ。...

ツイッターのコメント(36)

あえて切り出すも;
大企業でもどんどん創造と破壊を繰り返しているんだなー。フットワーク軽い。
個人的に出品するときのUIが使いやすい印象だったので本体でも同じUIに期待!
元々取り込む予定でサービス立ち上げたのでしょうか?|
vía @jptechcrunch
こんなサービスあったんだ。
知らなんだ。
しっかりやめて行くな。お世話になりました。
値下がりしたときにチェックしてた本を買うのにカウルのお気に入り機能便利だったので残念。わざわざ別アプリで探す人が少なかったのかな。。メルペイにリソース寄せてるのか。。
いきなりメインのメルカリに機能を追加するのではなく、別アプリとしてリリースして試してみる。で、需要がありそうな機能のみをメインに追加してい...
おお、、個人的には本家メルカリと同じぐらい使ってたのでびっくり /
どんどん終わりますね、撤退判断。
こりゃメルチャリも時間の問題なんかな。
本やCDに特化したサイトであったが、そこまで利用が伸びず、バーコード読み取りでの出品機能もメルカリ本体に搭載されたから存在意義が希薄にな...
悲しみ。
結局メルカリ以外はぱっとせんなー。
おわるのか 最安値見れるの楽だったんだけどな / Japan)
よく使ってただけに残念
えーーー、最近カウルで売ったポイントを使ってカウルで本を買ってたのに...
メルカリというサービスが強すぎますね。
ソウゾウの原田さんがメルカリ以上のサービスを立ち上げ、育てられるのか興味深い。原田さんのスタンスが感じられる記事を読むと頑張ろうと思わされる。限られたリソースでどうユーザーから愛され、伸びるサービスを創れるか。
カウルの機能がメルカリ本体に追加されてるので大丈夫。
偉い新陳代謝の激しい会社ですな。

「メルカリでは2018年に入って5月に地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」を、8月には「メルカリNOW」「teacha」「メルカリ メゾンズ」を終了」
メルカリ本体で十分になったっぽい
メルカリの次のサービスを作るのにかなり手こずってるイメージ。
かなり先行投資に突っ込んでるだけに、サービス撤退が続くのは結構インパクトでかそう。
「本・CD・DVD/ブルーレイ・ゲームといったメルカリの「エンタメ・ホビー」カテゴリに該当する商品の出品、購入体験を向上させるための姉妹アプリという位置付け」 / “ カウル」終了へ、メルカリ本体へ一本化…”
メルカリ本体に機能を移植できたため / “ Japan”
アッテ、メゾンズ、NOW、teachaに続き、5つ目のクローズ。
カウル使ってました!メルカリで同じことできるなら統合はWelcomeですね
-
終わっちゃうのか… |
技術書典のスポンサー…
店じまいの準備だったりして> -
売上金引き出せない問題で騒がれてるメルカリさん。

ホントの情報は何かわからんけどねー。

大きい会社ながらトライアンドエラーの数とスピードは半端なくてすごいと思います。
メルトリップもどうなるかなと。。。
そんな予感はしてた
以上
 

いま話題のニュース

PR