ドライブシェアアプリ「CREW」運営のAzitが総額約10億円を資金調達 | TechCrunch Japan

19コメント 2018-09-03 15:49 TechCrunch Japan

クルマに乗りたいユーザーと、マイカーに人を乗せたいドライバーとをつなげるマッチングアプリ「CREW(クルー)」を運営するAzit(アジット)は9月3日、総額約10億円の資金調達実施を明らかにした。第三...

ツイッターのコメント(19)

Azitさんの大量退職

18年9月に10億調達しているけど、数十人規模で急激に雇っていたしキャシュアウトの整理解雇なのかな。

方向性は違うにせよ、同じくマッチングプラットフォームのスタートアップとして、学ぶべきことが沢山ありそう😢皆さんお疲れ様でした。
めちゃテクノロジー詰め込んでるのに、あたたかみのある社会作れてるのがすごい
会社がそういういい雰囲気なんだろうなあ
京都やってほしいけど、実現したらタクシー会社潰れるから無理やろうな
どう見ても白タクにしか見えない...w
言い訳っぽい解釈を胸張って進めるのは必要なんだろなぁ
乗る方が任意に決められる『感謝料』」という形を取ることで、「運送に対する直接の対価が発生しない『無償運送行為』にあたる」としている。これにより、いわゆる「白タク」ではない、合法のサービスであるとの解釈を採っている。
Uberの活動範囲を著しく制限している日本ならではのサービスですが、法文化の問題としてパチンコとかと同じと言えるものの気がします…海外の人に説明しにくい:
[Link]

おお、いけいけー🙌🙌
CREWは、2015年10月からサービスを開始した、ドライブシェアのプラットフォームだ。アプリで出発地と目的地を設定すると、近くを走るCREWに登録済みのドライバーとマッチングをし、クルマで送っていってもらうことができる。
スケールするかドキドキする。
このアプリでも、似たようなアプリが普及した日には、日本結構変わる気がする。
ギリギリセフトって感じ。感謝料が幾らかにもよるけどドライバーにリスク多過ぎない? - “ドライブシェアアプリ「CREW」運営のAzitが総額約10億円を資金調達”
これすごいな。「乗せてもらった側が支払うのは実費とプラットフォームの利用料に加えて、乗る方が任意に決められる『感謝料』」「運送に対する直接の対価が発生しない『無償運送行為』」。◆
こういうのいいと思う。
子供とか駅まで迎えに行くときバス停で待ってる人とか乗せれたらいいと思ってた。
法規制をかい潜るにはこういう方法にならざるを得ないのだろうが、残念感あり。自分は謝礼金額を考えなければいけないのが面倒で2−3回で使わなくなったな〜 /
このサービスを全国展開してほしい。糞みたいな日本のタクシー規制の回避方法としてはすごく良い。ついでにチップ文化を馴染みやすくするのにもよい。
なんと、これは面白い。
任意の『感謝料』を払うことで、『無償運転行為』になる、ってめちゃくちゃグレーゾーンじゃないの?(笑)まぁ、白タクとかライドシェアを認めない国が悪いんだけど。

@jptechcrunch
半年くらい前に2.3回利用してみたけどよかったもんなー!
吉兼パイセンおめ!
須藤 信一朗さん!(なぜかフルネーム) これはすごいな〜 規制緩和の突破口になってほしい。
以上
 
PR
PR