TOP > IT・テクノロジー > Googleマップ、「現在地を共有」に相手のバッテリー残量を表示 | TechCrunch Japan

Googleマップ、「現在地を共有」に相手のバッテリー残量を表示 | TechCrunch Japan

2017の初めにGoogleマップに 現在地を共有する機能が追加された。ユーザーはGoogleマップ上で近くにいる親しい友達や家族に自分の現在地を教えることができるようになった。この機能にちょっとした、しかし重要な情報が追加された。スマートフォンのバッテリー充電状態だ。こういう具合だ。...

ツイッターのコメント(22)

そんなことより早く自転車のルート検索出来るようになってほしい
原文も確認したけど褒めているみたい。こんなの本当に欲しいかな。自分のバッテリー状態が相手に公開されていることを自分は知ることができるのか。バッテリー切れたとか嘘吐けなくなるのかな :-)
うーん、息苦しいな。
これで電池残量をごまかすアプリのニーズが高まるわけですね。 / “ Japan”
どこらへんが便利なのだろう?余計なお世話としか思えないのだが。>
便利は便利だけどどんどん自由が縛られていきそうだな。 /
TODOCUで配達する際は、配送員の位置情報をGoogleMapで共有するようにしています。 /
おもちろい
ほー、おもしろいな。>>>
LINEの既読機能も今でこそ当たり前ですが当初は「ごめん見てなかった」が使えなくなった!と騒がれました。今回の件で今度は「ごめん電池切れてた」が使えなくなります! /
相手の位置情報と一緒にバッテリー残量がわかる方法
プライオリティが決まりやすい
相手のバッテリー状態がわかる!便利だけどますます嘘もつけなくなっちゃうね →
相手に現在地を教える機能、Chatが前提なのであんまりGooglemapを使用して、ということが今のところないけれど新しい!
相手の情報が消えたとき、焦ったり、誤解したりしないための工夫。→「バッテリー情報が含まれるようになれば、もうすぐ充電残量が失くなる状態だということがわかる」 《ニュース》Googleマップ、「現在地を共有」に相手のバッテリー残量を表示|
ははぁ。こんな機能が実現してるんですね。
端末情報の何を収集されているか不気味ではあります。 /
そもそもこの機能使ってる人いるのかな。自分はあったことない
要らん〜笑👍
場所共有とかできたんだ
海で待ち合わせするのに便利かも。
いつでも正直でありたいし、他の人にも正直であって欲しい自分としては嬉しい機能。
ああ、そういうことですのね。「たいていの位置情報共有サービスでは単に接続中のアイコンがぐるぐる回り続けるだけだ。ユーザーはどうして反応がないのかいぶかることになる」。◆
地味に使える機能
以上
 

いま話題のニュース

PR