TOP > IT・テクノロジー > クリエイターの“お金に換えられない価値”を評価・支援する暗号通貨「CLAP」 | TechCrunch Japan

クリエイターの“お金に換えられない価値”を評価・支援する暗号通貨「CLAP」 | TechCrunch Japan

個人の価値をお金やモノなど別の価値に換える「評価経済」。これまでのYouTubeやInstagramといった、インフルエンサーが発信する“コンテンツ”が評価されるプラットフォームに加え、2017年は、自分の価値を模擬株式として発行し、ビットコインで取引ができる「VALU」が5月にスタート、ユーザーが提供する時間を10秒単位で取引する取引所「タイムバンク」も9月...

ツイッターのコメント(15)

「ファンがクリエイターを応援するために実際に足を運ぶことで、CLAPが増えていくという仕組みだ」
これは地下アイドルと親和性高い
最近こういうサービス多いな。
本来の“人を動かす力”が可視化できるって素敵すぎる!すごい〜
「副次的な価値は人気の実態とは乖離する。」/
そうきたか。うーん。
ちょうど昨日新しい経済圏作りのサービスはこういうの来るんじゃないかと考えてたから面白い!
唐突にMiliが出てきてビビった。仮想通貨買うか
クリエイター支援 /
システムによって世界が変わっていく
どこまで普及するのか /
がっつりしたものじゃなくて、無意識に溜まっていくのがいいよね。 /
なるほどー。
アーティスト全般を支援するブロックチェーンのサービスが日本から。
独自通貨獲得のインセンティブによるイベントへの参加を促すところが特徴的。
“クリエイターが与える感動の総量をブロックチェーンで可視化する”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR