TOP > IT・テクノロジー > DeNAがライブ配信の「Mirrativ」を分割、プロデューサーの赤川隼一氏が新会社で運営 | TechCrunch Japan

DeNAがライブ配信の「Mirrativ」を分割、プロデューサーの赤川隼一氏が新会社で運営 | TechCrunch Japan

13コメント 登録日時:2018-02-22 17:26 | TechCrunch Japanキャッシュ

DeNAは2月22日、同社が運営するスマホ画面共有型ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」を簡易吸収分割によりエモモに承継することを決議、吸収分割契約を締結したことを明らかにした。実施日(効力発生日)は2018年3月30日を予定しているという。承継先のエモモは2018年2月9日の設立で、代表取締役社長を務めるのは赤川隼一氏だ...

ツイッターのコメント(13)

ミラティヴの方は先に会社作ってDeNAに対価支払って事業譲渡を受けているので、わりと一般的なベンチャーの資本政策になってるんですかね。
ここはまぁ社長の交渉力次第な気がしますが、先に出資者見つけられるのであればこっちの方が良さそう。
ミラティブQの最終問題レベル。
オセロニアクイズはもうやらないのかなぁ…?
DeNAでこういう遠心力が働きだしたら、楽しみ😆
”数タップで「スマホの画面ごと」配信できるのがユニークな点”
去年めちゃお世話になった人や。かっちょいい。
Mirrativ応援!/
これか!!▶
いかに高単価で優良配信者を囲い込めるか勝負の中、マーケ費用に制限がある事業部として、初期はコツコツ声優をオーディションしたりして配信者を増やしていった。大企業でもやれることを証明してる赤川さんが本当にかっこいい。
市場が立ち上がるまで粘り強くやるの大事だなー/
おぉ、赤川さん!分割されるんですね。おめでとうございます!
アニキ!!!!!!!!!!!
以上

記事本文: DeNAがライブ配信の「Mirrativ」を分割、プロデューサーの赤川隼一氏が新会社で運営 | TechCrunch Japan

関連記事