TOP > IT・テクノロジー > AgICにセメダインが投資、曲がる回路のための導電性の接着剤を作る | TechCrunch Japan

AgICにセメダインが投資、曲がる回路のための導電性の接着剤を作る | TechCrunch Japan

19コメント 2016-02-10 09:26  TechCrunch Japan

家庭用プリンターで電子回路を「印字」するというユニークなプロダクトでTechCrunch Tokyo 2014のスタートアップバトルで見事に優勝した東大発スタートアップ企業「AgIC」(エージック)が...

ツイッターのコメント(19)

かかわりは深い
再イン予定だが…マンションと戸建てだと、マンションの方が温度変化少ない。体調管理の面で、軍配あり。
4999セメダインはこの過去記事にあるAGICに材料でてた
電子回路基盤、試作安く
へええー、しらんやった。回路をかけるインク。
AgIC にセメダインが出資してのかー。
AgiC導電性接着剤はすでにあるが、接着性がいまひとつらしい。この開発でしっかりした実用性のあるものがうまれそう。
うちにも投資してくれないかなぁ~w →
興味深い。
「モノは壁と体のどちらかに寄っていく」という話を思い出した。/
プリンタで回路を印刷して、セメダインで部品を貼り付け…なんてなんのかな?
“AgICにセメダインが投資、プリンテッド・エレの強力なタッグになるか? | Japan”
"セメダインが導電性の接着剤を作る" 興味深い。
資金調達しました
熱い。エージックのつくる接着剤がほしいっす
回路プロトタイピングだけでなくこんな応用があるとは。「いまAgICが狙っているのは床暖房(中略)回路をプリントしただけの薄い「電気式ヒーター」であれば、敷くだけで実現できる」<
"壁や床にセンサーを貼れば、店舗や商業施設での動態管理に応用できる。"
AgICにセメダインが投資、プリンテッド・エレの強力なタッグになるか? |
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR