TOP > IT・テクノロジー > トイレを使って全自動のヘルスモニタリング——健康IoTのサイマックスが資金調達 | TechCrunch Japan

トイレを使って全自動のヘルスモニタリング——健康IoTのサイマックスが資金調達 | TechCrunch Japan

28コメント 登録日時:2015-12-09 09:35 | TechCrunch Japanキャッシュ

ヘルスケアIoT製品を開発するスタートアップのサイマックスは12月9日、Draper Nexus Venture Partners II,LLC、iSGインベストメントワークス(アイスタイル傘下のCVCだ。詳細はこちら)および個人投資家から資金調達を実施したことを明らかにした。調達額は非公開で、今回がシリーズAの調達となる(IoTスタートアップを支援するイン...

Twitterのコメント(28)

トイレのIoT化が1番進んでいると言われている。

排泄物に答えがある。

食べたもの、飲んだもの、吸ったもの、で身体ができているわけだから、トイレで判断できるね!
自分の健康状態を記録できるIoT便器みたいなの無いかなと便器探してるときに思ったが、今探したらちゃんとあった。まだ実験段階だが
@yu_n0809 こんなんとかですね。
@glasscatfish
最新だとこんな記事も→トイレを使って全自動のヘルトイレを使って全自動のヘルスモニタリング—健康IoTのサイマックスが資金調達 |
サイマックス社の、排泄物を分析して健康をモニタリングするスマートトイレ。  「施設のトイレに導入して使用する場合、1回980円でサービスを提供できる予定」。
血を抜いたり、検尿容器を使わない検査。期待できるな|
後付けでできるってすごいなあ。

jptechcrunchより
昨日知った。どこまでできるか実物見てみたい jptechcrunchより
アイスタイル参加のCVCがトイレ向けIoTのスタートアップに出資
お手洗いにセンサー設置していち早く体の悪いところ察知!が正式リリースに向かってると聞いて…ひゃあ。
マリア氏キター!!
健康IoT便利すぎ!!!
これは、いい商品。日常生活に割り込むことなく、価値を提供できる。
jptechcrunchより
これはかなりいいなぁ、と思った / jptechcrunchより
アプリムや…
>>>
トイレを使って全自動のヘルスモニタリング——健康IoTのサイマックスが資金調達@techcrunch あまり触れたがらないところへのアプローチが良いと思う
jptechcrunchより
便器内に設置したセンサーで排泄物を解析した結果をスマホアプリで確認できるサービス。早期の糖尿病、痛風、高血圧など検査可能。製品価格は非公開だが『施設のトイレに導入して使用する場合、1回980円』。 / “トイレを使って全自動のヘ…”
「サイマックスでは以前、血液1滴で疾患の検査ができるというプロダクトを開発していた。」
どこかで聞いたやつだぞ
おぉー、サイマックス、シリーズA調達。おめでとうございます! / “ Japan”
興味ある...
なるほど.容易な健康管理と日常的に使用するモノを繋げれば,IoTの普及もあるかもしれんですな.
これすごい普及してほしい。Internet of Toilets
これ会社に置いてほしい
以上

記事本文: トイレを使って全自動のヘルスモニタリング——健康IoTのサイマックスが資金調達 | TechCrunch Japan

関連記事