TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > 焦点:昆虫農場に...

焦点:昆虫農場に熱視線、世界の「タンパク質危機」救うか | ロイター

15コメント 登録日時:2018-04-20 11:44 | ロイター.co.jpキャッシュ

バンクーバー郊外の倉庫に10段も積み上げられた大きなアルミ容器のなかで、ミズアブの幼虫が何層にも重なってうごめいている。固くなったパンや腐ったマンゴー、熟しすぎたマスクメロン、しおれたズッキーニが幼虫の餌だ。だが、ここは生ゴミ廃棄場ではない。「昆虫農場」である。続々と誕生しつつある昆虫養殖企業の1つ、エンテッラ・フィードは、昆虫を加工して、魚や家禽(かきん)のための飼料、さらにはペットフードまで生産する予定だ...

Twitterのコメント(15)

昆虫産業はどこまで成長するかは不明だけど、成長速度だと細胞農業よりもスピードはあるだろうな。組織工学の超高度な技術が不要である分、今後5年くらいなら、投資家の注目を集めやすいのはこの領域な気がしてる。
@usakamenet3 昆虫養殖企業といって、 昆虫を加工して、 家畜ための飼料、 この先ペットフードも作られるんだって。 かの有名なマクドナルドも 養鶏飼料を目的とした昆虫活用を研究しているらしいよ、、、
30年後、俺らは何を食ってるのかな。
そうか。人間が食べるんじゃなくて、家畜や養殖魚の餌にすればいいのか。
まずは動物の飼料から
これはマジで「セミでも食ってろ」の時代になるのかな
人が食べる前に、家畜のエサとしてはいけそう。世界が生産する穀物の多くは栄養不良の最底辺国の人に回されずに富裕国向けの牛が食べてるのが現状だから、少しでも変革になれば。

-
カーギルが動いている。
こういう培養だったら、森に親しんで蜂の子を食う民俗のほうがまともではないか?
虫がトウモロコシの飼料の代わりになる時代

別に人が食っても構わんのだろ(ry
虫を食べる時代が来るかな
ペットフードと家畜・養殖の飼料に昆虫を使う方法→
昔からこういうこと言われるけど、ほかに食べる選択肢あって、さんざん肉や大豆食ってきたやつが、昆虫だけでタンパク質補えるはずない。
[ラングレー(加ブリティッシュコロンビア州) 13日 ロイター] - バンクーバー郊外の倉庫に10段も積
以上

記事本文: 焦点:昆虫農場に熱視線、世界の「タンパク質危機」救うか | ロイター

関連記事