TOP > 国際 > 米家計債務が過去最大、クレジットカード返済延滞は増加=NY連銀 - ロイター

米家計債務が過去最大、クレジットカード返済延滞は増加=NY連銀 - ロイター

18コメント 2019-08-14 14:12  ロイター.co.jp

米ニューヨーク連銀が13日発表した第2・四半期の消費者期待調査で、米家計債務が過去最大となり、クレジットカードと学生ローンで返済延滞が増えていることが分かった。米経済成長への重しとなりそうだ。

ツイッターのコメント(18)

米ニューヨーク連銀が13日発表した第2・四半期の消費者期待調査で

米家計債務が過去最大となり、クレジットカードと学生ローンで返済延滞が増えていることが分かった。

第2・四半期の米家計債務残高は1.4%増の13兆8600億ドルとなり、過去最高を更新した。
米国では家計に占める債務の割合が過去最大になり延滞率も増加。米国では政府も家計も共通して、何かしらの借金が絡んで苦しめられる状況に陥っているのかね…。
"米ニューヨーク連銀が13日発表した第2・四半期の消費者期待調査で、米家計債務が過去最大となり、クレジットカードと学生ローンで返済延滞が増えていることが分かった"

少しずつ危険な兆候が出てるけど、米国は可処分所得も増加してるので大きな問題は起きなそうね
“第2・四半期の米家計債務残高は前期から1920億ドル、1.4%増の13兆8600億ドルとなり、過去最高を更新” / “ - ロイター”
はいはい、今までマスゴミが公表しなかっただけだろ。わかってる人はそんなもん1年前からわかってる
クレジット市場が審査を緩めてるんじゃないの?日本は明らかにその傾向だよね。日本でも(では)遅延やら事故やら増えてるんじゃないかな。
アメリカの素晴らしいとこは、日本のように何でもかんでも自己責任に帰結させないことだろう。例えば、こんな統計を日本で見たことがあるか? 借金は本人と保証人が負うか自己破産しろと言われるだけだ。/
【13.86兆ドル】


クレジットカードのローン残高は前期の848'億ドルから8680億ドルに増加し、90日以上の延滞比率は5.0%から約5.2%に上昇した。
自動車や住宅といった大型ローンの残高は減少か
デフォルトの危険性は低そうだけど、ミニマムペイメントに頼る人達の生活環境が悪化してそうだな。
メッチャ怖いんだけど(^_^;)
「米ニューヨーク連銀が13日発表した第2・四半期の消費者期待調査で、米家計債務が過去最大となり、クレジットカードと学生ローンで返済延滞が増えていることが分かった。米経済成長への重しとなりそうだ。」
誰からの収入は誰かの支出。生産性向上による収入の増加は線形的な上昇しかしないけど、ここに債務(クレジット)を入れることで収入以上の支出が可能です。

そしてその支出が誰かの収入となる。

しかし債務は将来収入の前借でしかないので、いつかは支出を減らす時がきます
米家計債務が過去最大、クレジットカードと学生ローンで返済延滞は増加=NY連銀
米家計債務が過去最大、クレカと学生ローンで返済延滞が増加=NY連銀

>90日以上の延滞比率:クレカ(前回5→今回5.2)、学生(9.4→9.9)
>車ローン、住宅ローン、ホームエクイティローンは延滞率↓
雇用が絶好調だから、当然。

焦点ははタリフマンの関税の悪影響がいつ雇用市場へ及ぶか。

如何に早く米中交渉で中国側に譲歩させ、合意、関税撤廃という流れになることを祈る。
米ニューヨーク連銀が13日発表した第2・四半期の消費者期待調査で、米家計債務が過去最大となり、ク
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR