TOP > 国際 > トランプ氏、中国に「責任取らせる」 国連演説でコロナ対応批判 | ロイター

トランプ氏、中国に「責任取らせる」 国連演説でコロナ対応批判 | ロイター

31コメント 2020-09-23 02:51  ロイター.co.jp

トランプ米大統領は22日、国連総会の一般討論演説で、中国が「世界に感染を拡大させた」と批判し、「中国に責任を取らせる必要がある」と主張した。

ツイッターのコメント(31)

アメリカは20世紀の前半、スペイン風邪の責任を取ったのか?

トランプ大統領は選挙戦の前にとにかく共通の敵をでっち上げたいだけだろう。安倍と同じ粉ミルクの匂いがする。
何か番組スタッフの都合が悪いことでもあるのか、報道しないNHK・ニュースウオッチ9。
過激な言い分だとは思う。・・・けど、初期対応のまずさはあったよね。確実に。
トランプ米国大統領、中国に「責任取らせる」 
国連演説でコロナ対応批判...
@suzukinaomichi 春節で自国民の海外旅行を停止してれば、中国国内の風土病ですんだ話し。
謝罪ひとつせず面の皮厚いお国ですね。
トランプ大統領はこのパンデミックの元凶はChinaとWHOの両者だと明確にしたが、Chinaの情報操作でメディアや各国政府がスルーしていた。これは我慢を強いている自国の国民に対する怠慢に他ならない。責任を‼️
中国は発生当時、諸外国に危険性を隠蔽していたのは確か

引用:WHOもトランプ大統領の主張に反論(中略)1月14日時点で人から人への感染の可能性を伝え(略)

WHOは台湾が訴えた危険性を無視してた
日本では政治家がブレると批判されるが、トランプは本当にブレないねえ…
グテレス国連事務総長「新たな冷戦を避けるためにあらゆる手を尽くす必要がある」空回りするメッセージだな。>
どちらも自己中のトップだが民主国家ではブレーキが効く。一方、CCPは全てが独裁者に牛耳られ真実まで捻じ曲げられたまま…この脅威‼︎
新型コロナ対策で失敗したトランプ。
大統領選挙のためには、失敗を自ら認める訳にはいかないので矛先を中国へ。
日本の安倍政権、安倍傀儡政権は「国民の誤解」で国民へ責任を擦り付けたが・・・
あんたも最初ただの風邪言うてたやん?
どっちが米国でどっちが中国かわからねえーよ
11月の米大統領選を視野に演説は中国への批判に軸足を置き、対中強硬姿勢をアピールする内容となった。コロナ流行の影響で各国首脳と同様、演説は事前に収録された。
トランプ大統領の国連演説


こんな思想が票を集めるとしたらアメリカ人って大丈夫なの?

私からはむしろ習近平国家主席のほうが格上に見えているけれど。
Reuters★トランプ氏、中国に「責任取らせる」 米国内死者20万人を越えたこの日、自分の不始末を中国に全て押しつけようとする演説は、国連の場というより、大統領選に向けた支持者への演説と考えてのものだろ。国連憲章とは真逆の自国優先主義のバカ
・・・米国は、中共ウイルスの起源を示す証拠を持っている。自信を持って、国際社会を味方につけ、中共にコロナの賠償責任を表明して良いでしょう!
トランプ大統領、中国にコロナウイルスの責任を取らせる
米国でコロナの感染が拡大したのは、何をどう考えても、Duckを首班とする米国首脳部の責任だろうが。
WHOは不要
おはようございます🌞
体温36.1℃
味覚異常無し👍️
体調異常無し👍️
仕事帰りに案の定、大渋滞に突っ込みました🚐💨
講習と仕事で連休つぶれましたが、悪くない気もします。
では本日も頑張っていきましょう👊
集金「冷戦や武力に訴える戦い」のいずれも展開する意向はない
世界中を巻き込んだ

このウイルス…。人工的に作られた生物兵器なのか?
はっきりさせるべきだと思います‼️
よく言ってくれた!
コロナパンデミックで中国の責任は大きいと思うが20万人がコロナ死したのは自国のコントロールが出来なかったからだろうが。
トランプ末期だな。
いよいよ「新型コロナウイルスは存在しない」が公表される。
誰がこの世界的な騒ぎを発案し実行したのか?
武漢に病原菌を撒いたのは誰か?
中国は真犯人を挙げられる。それをトランプ大統領は知っている。
米中G2は巧みな連携。
怯える日本政府と製薬マフィア。
おはようございます。
連休明けはマイナス400~500円スタートかな?より底だといいけど。

以下の記事
どのように責任取らせるのかな?トランプさん強いぃぃぃ💪(•ω•❁)
習近平氏の言い分「いかなる国も世界情勢を支配したり、他国の運命をコントロールしたり、発展の優位性を独り占めしたりする権利はない」

自己紹介乙ですね
トランプ氏、国連演説で中国のコロナ対応批判 「責任取らせる」 (ロイター) トランプ米大統領は22日、国連総会の一般討論演説で、中国が「世界に感染を拡大させた」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR