TOP > 国際 > トランプ氏が国連演説、対イランで協調呼び掛け 平和の道にも言及 - ロイター

トランプ氏が国連演説、対イランで協調呼び掛け 平和の道にも言及 - ロイター

12コメント 2019-09-25 04:40  ロイター.co.jp

トランプ米大統領は24日、国連総会で行った一般討論演説で、サウジアラビアの石油施設攻撃に関連し、イランの残虐性を批判し、同国に圧力を掛けるため米国に歩調を合わせるよう各国に求めた。同時に平和へ向けた道...

ツイッターのコメント(12)

1️⃣

①トランプ大統領は「全ての国は行動する義務がある。責任ある政府はイランの血への欲望を支援すべきでない」、「イランが脅迫的な行動を続ける限り制裁は解除されず強化されることになる」と言明した。
トランプ米大統領は24日、国連総会で行った一般討論演説で、サウジアラビアの石油施設攻撃に関連し、イランの残虐性を批判し、同国に圧力を掛けるため米国に歩調を合わせるよう各国に求めた。
この演説の映像をさっき見たんだけど、ずいぶん元気がなかったね、米大統領。
決して戦争をしたいわけではないトランプさん。ディールがしたいんであって、武力衝突は避けないと来年の大統領選で再選できないですからね。アメリカ議会も対イランと対中国では姿勢が全然違う。
どーしてもイランと戦争したいんですね()
こんなこと言ってイランが話し合いに応じると思ってんのだろうか?
協調しない限り、経済制裁が続くだけと言ってますね(´・ω・`)
 中国もけん制 | Article [AMP] | Reuters
「われわれが望んでいるのはパートナーであり、敵ではない」と強調。「戦争を仕掛けることは誰にでもできるが、平和の道を選ぶのは、最も勇敢な者のみだと米国は理解している」と
ふむ、トランプ大統領はイランや中国に対して
けん制しているわけですね。
この後に中国に対してどういう話をしたか貼りますが、
米中貿易戦争はまだまだ続く感じですな。
安部総理イランと唯一の話の出来る日本!!ここは仲裁に😥

 中国もけん制(ロイター)
中国もけん制 トランプ米大統領は24日、国連総会で行った一般討論演説で、イランについて「血の欲望」があると批判
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR