トルコ預金保護措置で外為市場のバブル崩壊=エルドアン大統領 | ロイター

ツイッターのコメント(5)

最初はトルコ。
実際は日本の平成バブルもそうだが、崩壊していても認めずにメルトアップのように瀕死を拡大させている。
強い。

・大統領は「一連の措置により外為市場のバブルが1日で崩壊した」とし、反対の声があるが低金利下での経済計画を進めたと指摘。
大統領は自身の経済政策により夏までには「全く異なる環境になる」と自信を見せている
現在は目減りした分の補填位のものだが、一番重要なのは通貨価値の裏付けで、それが今後示されるか注視して行きたい

トルコ預金保護措置で外為市場のバブル崩壊=エルドアン大統領
>トルコのエルドアン大統領は24日、リラ預金の保護措置を今週打ち出し、外為市場のバブルを崩壊させたと政府の対応を強調した。

大統領は「一連の措置により外為市場のバブルが1日で崩壊した」とし、反対の声があるが低金利下での経済計画を進めたと指摘。
トルコ預金保護措置で外為市場のバブル崩壊=エルドアン大統領
以上
 
PR
PR