TOP > 国際 > TSMC、第4四半期は過去最高益 在宅勤務など寄与 | ロイター

TSMC、第4四半期は過去最高益 在宅勤務など寄与 | ロイター

13コメント 2021-01-14 16:28  ロイター.co.jp

半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)が14日発表した2020年第4・四半期(10─12月)決算は、過去最高益を計上した。

ツイッターのコメント(13)

台湾セミコンダクター、決算またぎの結果です。株価は、一時的に上がったもののその後は、ほどほどに推移しています🤑このままホールドしますので、じわりじわりと上に向かってください🙏

 今年の設備投資最大60%増に
今年の設備投資最大60%増に
アナリストによると、iPhone12などの高性能スマートフォンや、第5世代(5G)移動通信システム、人工知能(AI)といった新技術を搭載した機器の需要が好調で、高性能半導体の販売が伸びている。
この記事しか読んでないけどTSMC予報通り好調みたい
だったらなぜ半導体セクター今日崩したんだよ(゚Д゚)ゴルァ!
🇹🇼予想通り🎊圧巻の爆決算🔥『三方良し🤑売上高・EPS・ガイダンス🦾』株価💰は新年早々怒涛の➕11%🔥
TSMC予想を上回る好決算を発表
4Qは過去最高益 $TSM

利益+23%
1428億台湾ドル=51億ドル
予想1353.9億台湾ドル=48.3億ドル

売上+22%
126.8億ドル(予想124-127億ドル)

①iPhone12など高性能スマホの需要
②5GやAI機器テレワークの活用

今後も期待したいですね
TSMC
当然の過去最高益

このところ
米SOX指数を連日最高値を
牽引してきたTSMC
昨晩の米相場から決済日前日の
2.8%マイナスを台湾マーケットが
引き継ぎ発表前の利益確定売り?
そして
一番利益率の高い日本マーケットから
利益確定売りの、狼煙を
あげたのか?
TSMC 20/12期4Q、過去最高益

純利益が前年比23%増の1428億台湾ドル(51億ドル)。リフィニティブがまとめたアナリストの予想平均1353億9000万台湾ドルを上回った。

売上高は22%増の126億8千万ドル。会社予想は124億ー127億ドルだった。
TSMCが発表した第4・四半期の純利益は前年同期比23%増の1428億台湾ドル(51億ドル)。アナリストの予想平均1353億9000万台湾ドルを上回った。売上高は22%増の126億8000万ドル。
半導体好調
後場で指値がささりに刺さってフルポジになってしまった
1/14
トリケミカル、SECカーボン、日本電産、ルネサス、アドバンテス、フェローテック、レーザーテック新規
TSMCは売る理由がない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR