TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > 焦点:東南アジア...

焦点:東南アジアで相次ぐリゾート地閉鎖、観光客膨張で極限状態 | ロイター

13コメント 登録日時:2018-04-10 12:59 | ロイター.co.jpキャッシュ

フィリピンの人気観光地ボラカイ島が、同国のドゥテルテ大統領から「下水のたまり場」と呼ばれたことを受け、清掃のため6カ月間閉鎖されることになった。東南アジアのビーチリゾートを訪れる観光客が急増する中、観光地にプレッシャーが高まっていることを示している。とりわけ海外で休暇を過ごす中国人が増えるなど、記録的な観光客数の増加により、東南アジア地域のインフラ設備は悲鳴を上げていると、観光専門家は指摘。さらに思い切...

Twitterのコメント(13)

気になる記事なんで、リツイート
石垣島も観光客膨張中だからなあ
石垣島も今のままだと・・・・
環境問題は大きな市場テーマ。排水処理技術で日本がリードできれば、世界のマーケットが見えてくる。
ボラカイ島は、その白い砂浜と透明な海水が内外の観光客を集めてきたが、ビーチ開発と下水処理施設が不十分なため、環境が悪化した。
"フィリピンの人気観光地ボラカイ島が、同国のドゥテルテ大統領から「下水のたまり場」と呼ばれたことを受け、清掃のため6カ月間閉鎖" /
第二次産業をすっ飛ばして、サービス業重視になったのもインフラ整備の不足に繋がってるのね
観光がオワコンになっていく…
観光地プレッシャー。
カリブタンザニア!!!
チンコロとキムチが増えれば、御覧の通り。のんびりとした牧歌的な桃源郷の様な雰囲気はもう無くなってしまった。当時を知るものとしては、本当に残念でならない。
チャイニーズが来て良いことなど一つも無い、という典型的な例。

東南アジアで相次ぐリゾート地閉鎖、観光客膨張で極限状態
以上

記事本文: 焦点:東南アジアで相次ぐリゾート地閉鎖、観光客膨張で極限状態 | ロイター

関連記事