TOP > 国際 > 焦点:「複製不能」時代のデジタル芸術、10秒の作品が7億円に | ロイター

焦点:「複製不能」時代のデジタル芸術、10秒の作品が7億円に | ロイター

82コメント 2021-03-07 08:29  ロイター.co.jp

2020年10月、マイアミの美術収集家パブロ・ロドリゲス・フレイル氏は、オンラインで無料視聴が可能だった10秒間の動画作品に約6万7000ドル(約716万3000円)を投じた。先週、同氏がその作品を売...

ツイッターのコメント(82)

ひとりごと

新手のねずみ講
既にバブル
じきに無価値

有名・著名人が出資・参加してても、気を付けてね!って、異例の警告出てますけど・・・
この記事もNFTについて詳しい👇
タイトルがベンヤミンの「複製技術時代の芸術」(1936)を意識してて好き。(アウラは技術の問題でしかなかったのか?🤔)
記事でも書かれてるけど詐欺には注意⚠️

「複製不能」時代のデジタル芸術、10秒の作品が7億円に |
PUBGに限らず、eスポーツ選手のかこいークリップNFT付けて売ったら、買う人は買うのでは?🤔
そもそもデジタルだし。
推しの選手のかこいー動画、みんな買いたいよね?
>
ごく一部の実際の労働者に大多数の非生産者が寄生する逆ピラミッドの逆立ちした世界
NFTかぁ。今の使い方も面白いけど、これさっさと登記とか契約とか公共用途に流行らせてほしいなぁ。
アウラ化する可能性はあるが、収集家の触覚的な性格は何ら変わらないだろう。
ロイターのNFT関連の記事がわりと読みやすい。
コレめっちゃオモロイな、

これこそ、ブロックチェーンの有効活用か
急にNFTについて話題になってるけど、なんか違う気がする。

現状はデジタルもアートの取引みたいに出来るみたいな表現だけど、個人的には人気の本の初版がプレミアムになったり、珍しい切手だったり、CDの初回生産限定盤の特典価値あるようなものだと思ってる。
ロイターでも記事になっていた。NBAカードのNFTはクリプト界隈でも投機対象としてかなり盛り上がっている模様。スニーカーなんかより100倍効率良さそう。
「複製不能」時代のデジタル芸術、
 10秒の作品が7億円に

いいなこれ、
「我々は常にネットに接続し、デジタルの世界で多くの時間を費やしている。今や、その世界に所有権の概念を追加するのは理にかなっているし、それによって突如として『メタバース』(仮想世界)が出現する」

「複製不能」時代のデジタル芸術、10秒の作品が7億円に |
──我々は常にネットに接続し、デジタルの世界で多くの時間を費やしている。今や、その世界に所有権の概念を追加するのは理にかなっている
「1日10時間コンピューターを使うなら、あるいはデジタル領域で1日8時間過ごすのであれば、デジタル領域におけるアート[の売買]も非常に理にかなっている。なぜなら、デジタル領域が世界そのものだからだ」
ジャック・ドーシーの初ツイートNFTが2億の価値つけたというニュースで知ったのですが、デジタルアーティストの人とかは助かるだろうなーと思ったり。
これは新たなインターネットの流れを作りそう。
新たな投資先が開拓されたという印象…。
「モナリザ」の例と同じではないでしょう。
図書館情報学のイシューとして考える…
投機的な話ではなく、エンタメ側にいる人間として俄然興味深いと思っている領域。この流れは一気に大波で来てる感じがする。
NFT市場急拡大してる。来年がピークか?
時間の換価に一歩近づいたという感じなんだろうけども、ワイみたいなボンクラにもダイレクトにすごさがわかる感じにはまだなってないので、もうひとひねりかふたひねり必要そう。
デジタル芸術にもブロックチェーン。
これ、普通に考えれば、いくらでもコピー可能なものを「ブロックチェーン (NFT) で所有権を保護」しても何の意味ないじゃん、という話にしかならないんだが、これがどうもアート市場の「エディション制」という商慣行にピタリとハマっているらしい。
ややこしい、あまりにもややこしい話。現代美術市場での評価こみでのメディア批評になってる気もしないではないけど、腑に落ちない(;^ω^)
アートの転換期
「オンラインでも、作品を非常に貴重なものにしているのは作品の背後にいる作家だというのが現実だ」
こりゃすごい!!日本にも億の値段つきそうな作品作ってる人がゴロゴロいそうだ
理解を追いつけないと、いつまでも紙の本や黒板をありがたがる老害になってしまう。。
NFTには巨額の資金が流入しているものの、市場が価格バブルの状態になっている可能性があると警告する。
近頃は、「非代替性トークン」(NFT)と呼ばれるデジタル資産の話題が増えてきたな。
焦点 :「複製不能」時代のデジタル芸術、10秒の作品が7億円に
「「非代替性トークン」(NFT)と呼ばれる新たなタイプのデジタル資産」│
【NFT】
「非代替性トークン」(NFT)と呼ばれる新たなタイプのデジタル資産

「無限に複製可能だったオンラインに存在するモノが…
「ブロックチェーン技術のデジタル署名によって、誰が所有者であるか、また複製ではないオリジナル作品であることが証明される」
デジタルの本物とはまたえげつない投機の手法が出てきたなぁ。
‼️なんか、裏があるニュース
目細くしてみても、解読できなかったけど。
光のせいかな?老眼のせいかな。
コピーが容易なデジタル作品だけど、ブロックチェーン技術を使うと作家が正当な報酬が得られるようになっていくかも、という話。
猫さんの言うようにバブルやなぁ。
煽るバカが地方に多くなってるし
ほんと末期やなぁ。
“「非代替性トークン」(NFT)と呼ばれる新たなタイプのデジタル資産”
投機の対象は何でもいいんですねー😑
うーん、価値、経済、お金について考えさせられます🧐
虚無だな〜
ブロックチェーンてこんな風にも使えるのか、
何かタイトルがミスマッチな気が?
商品が何で、価値の源泉が何なのかは考えさせられる。需要と供給、所有欲、投資、辺りがキーワードかな?
今後はむしろオンラインの方が所有感がある…って時代かもしれないねぇ » | ロイター
例のエッチな絵に対して、世代ごと全てにNFTつけて所有権売ったらまあまあの良い商売になるのでは?
これ気になる
No cloning定理を利用した量子アートかと思ったら、ブロックチェーンだった
「オンラインでも、作品を非常に貴重なものにしているのは作品の背後にいる作家だというのが現実だ」(本文抜粋)

複製可能なデジタル芸術の価値を高め作家への評価を正当なものにする技術であれば素晴らしい。問題も色々あるかもしれないが、絵を描く立場としては興味深い。
スゴイ!!
〜オンラインに存在するモノは従来であれば無限に複製可能だったが、ブロックチェーン技術により、「唯一無二」としての公な認証が可能になった。
うむむむ、少しよく勉強しておきたい世界。/
もっと見る (残り約32件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR