TOP > 国際 > 米国株、S&Pやナスダック下落 グロース株に売り | ロイター

米国株、S&Pやナスダック下落 グロース株に売り | ロイター

10コメント 2021-02-23 07:28  ロイター.co.jp

米国株式市場はS&P総合500種指数やナスダック総合指数が下落。米国債利回りの上昇やインフレ高進観測を背景にバリュエーションを巡る不安が広がり、ハイテク銘柄などグロース株に売りが出た。

ツイッターのコメント(10)

10年債利回り、適温で良いんでは。
イナゴタワーは崩壊すると思うけど、そういう株は買わないスタイルだから良き。
グロース株が売られる
やや過熱感も台頭する中、小幅な調整が出ていると考えられる。米国債利回りの上昇は懸念される一方、ジャンク債利回りは先週、過去最低水準を付けるなど、企業に対するリスク選好は上向いており、株価にとってはプラス
米国株、S&Pやナスダック下落 (ロイター)
昨日は仮想通貨に集中してたから
油断してたなぁ😅
やはり株価はダウを見ていては相場を見誤ると思うな。
10年債利回りは1.363%に上昇。今月に入ってからの上げは約26ベーシスポイント(bp)と、単月の伸びとしては過去3年間で最大となる勢い。
積立NISAでSP一点張りにした途端これ。なんか金利が上がってるらしい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR