TOP > 国際 > 日銀、追加緩和ツールは多数ある=若田部副総裁 | ロイター

日銀、追加緩和ツールは多数ある=若田部副総裁 | ロイター

11コメント 2020-10-17 13:13  ロイター.co.jp

日銀の若田部昌澄副総裁は16日、日銀は景気刺激や円高のインフレへの悪影響の軽減に向けて金融政策を一段と緩和する必要があると判断した場合、拡張可能なツールやプログラムを多数保有していると述べた。

ツイッターのコメント(11)

どう考えても理解してない。

>若田部氏は、緩和長期化の副作用への懸念は「理解できる」とした上で、日銀の刺激策の便益は費用を依然上回るとの考えを示した。
磯野!日銀の緩和ツールは多数あるってよ!!
なんで事例に出さないんだろうな?w
口先介入だけでも効果があるだろうになw
ロイターインタビュー


>中央銀行に流動性供給はできても、実際の消費はできないと指摘。日銀と政府が2013年に合意した共同声明は、各国の中央銀行と政府の間の「適切な分業」のあり方を考える上で興味深く有益な示唆…
「インフレのダイナミクスが為替動向によってさらに侵食されたり、弱められると判断すれば、政策的措置を取ることを考えるべきだ」

話は逆で日本はいくら緩和しても基調的に低インフレだから円高傾向になりやすいだけの気が。
結局、株しか上がらんやん
「新型コロナウイルス危機に対処し、適切な分業を確実にするには、2013年の共同声明のような取り決めを各国中央銀行と政府が合意することが必要になるかもしれない」と述べた。
日銀、
追加緩和ツールは多数ある=若田部副総裁
:Reuters日本版
「中央銀行に流動性供給はできても、実際の消費はできない」

その「実際の消費」を担うのが財政政策。これが不十分だと金融資産価格だけが上がって低インフレ資産バブルになる。日本がデフレ脱却できないのは財政出動=需要が足りないからなのに、政治家は供給側の話ばかり。
日銀は景気刺激や円高のインフレへの悪影響の軽減に向けて金融政策を一段と緩和する必要があると判断した場合、拡張可能なツールやプログラムを多数保有していると述べた。
既に6〜7年かけているのに。小出しにするのではなく一気に対応して欲しい と思うけど。
打てる手が有れば。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR