TOP > 国際 > 象牙規制(上):守勢に回る日本政府、国際批判の矛先集中 | ロイター

象牙規制(上):守勢に回る日本政府、国際批判の矛先集中 | ロイター

39コメント 登録日時:2017-01-17 21:25 | ロイター.co.jpキャッシュ

日本の象牙取引が国際的な非難の矢面に立たされている。野生生物保護団体は日本政府が取引を容認していることが、ゾウの密猟を誘発していると批判。その矛先はオークションで取引の場を提供しているヤフー(4689.T)にも向かっている。──関連記事:象牙規制(下):見えないネット取引実態、日米ヤフーに温度差日本政府は規制強化に乗り出したが、象牙市場の年内閉鎖を打ち出した中国とは対応に隔たりがあり、対日非難が静まるかは、な...

Twitterのコメント(39)

「在庫管理に不備があるから、それが合法的なものなのか、密輸されたものなのかでもめる。政府も合法的と主張するだけでなく、管理を強化するとともに、抜き打ちで象牙の年代鑑定をするなどして疑惑を晴らす努力をする必要がある」☆→象牙規制(上):-
@Shinji18263 →あるNGO関係者は「在庫管理に不備があるから、それが合法的/か、密輸された/のかでもめる。政府も合法的と主張するだけでなく、管理/強化/とともに、抜き打ち/年代鑑定/など/疑惑を晴らす努力をする必要がある」と話す。→

ロイター2017/1/17
コレばっかりは、日本政府が象密猟者の片棒を担いでいるとみなされても仕方がない。
業界のニーズはあるのだろうが、規制強化しかない。



@Reuters_co_jp
象牙取引を規制する種の保存法の改正について、1月30日の中央環境審議会自然環境部会野生生物小委員会で審議されます。
今や、歴史認識や人権だけではなく、環境・生態系保護でも「日本人のガラパゴス化」が進んでいるという話。日本が他の先進国と価値観を共有できなくなるのは、危機的だと思うのだが。 / “象牙規制(上):守勢に回る日本政府、国際批判の矛先…”
狩猟というものが趣味として広く認められてる諸外国に生き物の保護とか言われても……。
絶滅の恐れさえなければ趣味として動物を殺してもいいという発想がまさに白人的(*´∀`*)
象牙。守勢に回る日本政府、国際批判の矛先
これも情報戦。支那が仕掛けた。支那は政府専用機で大量の象牙を運んだ。鯨で味をしめた日本たたきのメソッド。ロイターにも資本や工作員を提供してるのだろう。
象牙は必要なし。判子もいらない。 / “
当然だ。新たな輸入は禁止されていたと思っていたが?禁止しろそんなもん。やくざに手を貸すな。
中国が年内に象牙市場の禁止を打ち出して、残るは日本だけという状況に。そりゃ批判されるわ。
⇨ | Article [AMP] | Reuters
中国共産党が政府専用機で象牙を大量密輸したのちに取引禁止に動いた事は批判されない異様事態。
これは日本が甘すぎるなあ
叩かれてもやむを得ない状況だな! »
きちんと規制して欲しいな…
日本という国はどこまでも動物に対して遅れてるし、ご都合主義なんだろう。
こういうところは日本は対応が遅いし、あいまい。スパッとやめろ!
Reuters★
いやぁ、象牙規制をめぐり、こんな実態があったとは。
政府当局も、床の間象牙、押し入れ象牙の民間人も、ズレてるねぇ
まずはハンコ文化をやめればいいんでないの?
➡︎
虐殺的搾取はダメだけど、象牙を鍵盤に使ったピアノ、認めてくれよ……。(´・ω・`)
象牙って何に使われてる?
「期限までに登録しないと違法所持」みたいなのではあかんのかな(法学は知らん / “
また日本バッシングの種か……面倒くさい。でも象牙とか使わないし、規制してもいいんじゃないか?これで中国が結局対策できなければ逆にこちらに有利な状況になるし
「象牙はクジラほど政治のサポートがない」” / “
そうだったのか日本・・・
日本の象牙取引が国際的な非難の矢面に立たされている。野生生物保護団体は日本政府が取引を容認していることが、ゾウの密猟を誘発していると批判
象牙が何故必要?
「象牙はクジラほど政治のサポートがない」
日本でisolationismというと孤立主義と訳されてしまうが、これなどはまんまその例。
[東京 17日 ロイター] - 日本の象牙取引が国際的な非難の矢面に立たされている。野生生物保護団体は日
以上

記事本文: 象牙規制(上):守勢に回る日本政府、国際批判の矛先集中 | ロイター

関連記事