TOP > 国際 > イラン大統領、米大統領の会談提案を拒否 「協議は誠実さ必要」 | ロイター

イラン大統領、米大統領の会談提案を拒否 「協議は誠実さ必要」 | ロイター

イランのロウハニ大統領は、トランプ米大統領による会談の提案を退ける姿勢を示した。...

ツイッターのコメント(10)

イランのロウハニ大統領はトランプ氏による会談提案を退ける
ロウハニ大統領:我々は常に外交と協議を重んじているが協議には誠実さが必要。トランプ氏の直接交渉を巡る呼び掛けは選挙を前にした国内向けの姿勢に過ぎない。米国は国際社会ですでに孤立している
そのうえで、「米国は国際社会ですでに孤立している」とし、イランに対する制裁措置導入を後悔すると述べた。
長年良き友好国であったイラン。
トランプなんかに付き合ったがために、失う事になってはならない。
今回は『絶交』レベル。
頼むから安倍、入院して出てくんな‼️
一気になだれ込んでいる状況だが、コメント見てみると、日本は冷静な人は冷静そうだな。
問題は石油と、隣国中国になりそうだ。しばらくは。
※『「米国は国際社会ですでに孤立している」とし、イランに対する制裁措置導入を後悔すると述べた』。それでも持久戦になったら基軸通貨国の方が圧倒的に有利。
イランとしては、北朝鮮との交渉のやり口を見たからねえ。
まあそうなるでしょうね。
米国はイランをならず者国家と罵るが、Look at youと言いたい。
「オバマ憎し」だけで一方的に合意を破棄しておきながら、「協議する用意はある」なんてどこまで勝手なんだ,トランプ。 →
#イラン #アメリカ #トランプ #ロウハニ #会談拒否
ロウハニ大統領は国営テレビで生中継された演説で、「協議には誠実さが必要だ」とし、トランプ大統領の直接交渉を巡る呼び掛けは選挙を前にした国内向けの姿勢に過ぎない」と述べた。
以上
 

いま話題のニュース

PR