TOP > 国際 > インサイト:「院内感染」の重い代償、医療現場で続く苦闘と挑戦 - ロイター

インサイト:「院内感染」の重い代償、医療現場で続く苦闘と挑戦 - ロイター

37コメント 2020-07-01 16:07  ロイター.co.jp

救急医療の専門家として30年を超すキャリアを持つ桝井良裕医師(58)にとって、医療現場にあれほどの驚愕と動揺が広がった日はなかった。

ツイッターのコメント(37)

「院内感染」の重い代償、医療現場で続く苦闘と挑戦

で、その結果、受入先もなく大学病院で治療を受けるべき患者達がバタバタと亡くなり、医療崩壊したのだろうか。その検証は。

医療者云々ではなくて、大学病院たって街クリニックみたいに不必要な医療提供が多かったり?
4月の聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の院内感染について。一般にもとても参考になります。ありがとうございます🙏✨
会社だったらPC、固定電話もかな。。病院での対策に比べたら私達のソーシャルディスタンス等なんて簡単。まず、やる💪
元記事はこれかな?
どれだけ難しい事か。
失敗を次に生かすー
それが大事。
コロナだけじゃないだろうけど見えない恐怖との対峙。頭が下がります
コロナの第二波 第三波
が迫る中 医療機関は既に切迫しているよ日本政府❢
こういう事をもっとTVやメディアでは取り上げてほしいよな
感染拡大の要因分析が…。
気管切開部分からのエアロゾル…って。
つらすぎる。。。
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の院内感染事例の記事。
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の院内感染事例
同病院からの発信内容は我々医師も参考にすることが多い。そんな病院でも院内感染は起きうるという理解が必要。今回の院内感染に関しても多くの情報を提供してくれている。
新型コロナは未知のウイルス。
院内感染は既知の予防策を尽くしてもゼロにはできない、むしろ感染者を受け入れてくれている病院、医療者には頭が下がる(篤志家なら寄付したい・・)

感染者ゼロの病院は感染者を受け入れていないだけの可能性もある。
読みました!
私も今月また検査入院する予定だけど、「その前の2週間は極力外出しないでください」というお達しが出てる🥺
先月のときはここまで言われなかったけど、今回は放射線科というのもあるのかな?
聖マリの救急棟他で叔母の交通事故、夫の夜間の体調異常、姪の手術などで何回かお世話になったし信頼もしてる。今、こんなことになってるなんて…どうか頑張って欲しい。
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院で4月22日、新型コロナウイルスの院内感染が発覚…感染者数は病院職員を含めて80人…「感染対策を担当していたチームもあわてまくり、まさに驚愕だった。病院閉鎖を意識した」救命救急センター長を務める桝井医師はその時の混乱…
>積極的に受け入れた病院が院内感染という重い代償に見舞われる。そこに矛盾や葛藤はないのか。

>佐野副院長は「医療者としての矜持(きょうじ)」が難局に立ち向かう支えになっていた、と言う。
政府がますます対策を緩める中、感染者は再び増加傾向で、ある日突然こういうことになるかもしれないと肝に銘じておくべき記事。
医療関係大学の学生さんにお勧めの記事です。院内感染の原因について「気管切開部分から発生したエアロゾルによってHCUや病棟で同患者からの感染が拡大した可能性がある」と述べています。
> 我々は当然のこととして、こういうことをやっているんだというプライドもある
「本当は大した事無いんじゃね?」とか、ハナほじって暮らしてるパンピーが言うべきではないね。
これ読んでて思うのは、経済を回すためには絶対院内感染させない方策が必要なんだよ。コロナを迎い撃ちする体制。例えば入院患者と医療機関の人間は全員検査。個室とマンパワーの充実。そうしないと第二波きたら、とんでもない医療崩壊が待っている。
横浜市旭区の聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

川崎市の聖マリアンナ医科大学とともに頑張った病院。

✨積極的に受け入れた病院が院内感染という重い代償に見舞われる。そこに矛盾や葛藤はないのか。✨

🌍みんな どこかで繋がってる。

南米ではイベルメクチンで新型コロナの治療と予防を行い、院内感染を防いでいる病院があります

先進国はイベルメクチンでの治療に積極的ではありません、南米がイベルメクチンの効果を証明するでしょう
現場の人は必死に我々の命を守ろうとハイリスクローリターンで頑張ってくれてるのに、下等厚生労働相の答弁はなに?マジで辞めてくれ
病院だって再開したのに,また閉めなくちゃならない。横浜市の医療が終わる
壮絶
でもどうすればいい?

「僕らは手洗いを励行していた。ただ、例えば他の人が触ったキーボードやマウスを触った手で、つい顔を触ってしまうなど、甘かったところは反省すべきだと思う」

「院内感染」の重い代償、医療現場で続く苦闘と挑戦 |
どの医療機関でも起こり得るからこそ、次に生かす、取り組みが大事ですね。一緒にがんばろう西部❗️
日本語版も出ています。是非読んでください。
言葉だけを見れば殊勝だが、原因特定も出来ていない。口先だけの事だね。
派の人に聞きたいが、このような院内感染も風邪と判断するのだろうか。
ありの一穴。
ほんのわずか、ほんのわずかなんだけれど.
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
日本語でも記事を配信しました。
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院のお話 _φ(・_・ メモメモ…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR