妻39人・子ども94人のインド男性死去、一夫多妻制の宗教家 | ロイター

妻39人と子ども94人を持つインドの宗教指導者シオナ・チャナさんが13日、死去した。76歳だった。地元当局者が明らかにした。

ツイッターのコメント(21)

Reuters★
艶福って言うんですか?
一人の妻でも持てあますと言うのに、39人の妻って、名前さえ峻別できんわね。
ましてや男の務めともなれば… ¯\_(⊙︿⊙)_/¯
「世話をしてあげる人がたくさんいて、自分は幸運な男だと思う」
📄 💬 >孫も33人
さらに孫33人。4階建て100部屋の家で生活。数年前に亡くなった同じような感じの人がいたけど、こちらもなかなか→ | Article [AMP] | Reuters
わお!! ビックラした。
キリスト教の宗教指導者なんだって。
ヒンズー教ならともかく。

信仰の世界も男に都合よく出来てるんですね。
「『チャナ』という名の宗派は1942年にチャナさんの父親が創設」
これはキリスト教宗派というより新興宗教では。これだけの大人数を仲違いさせなかったのは大したものかもしれないが。
妻39人と子ども94人を持つインドの宗教指導者が死去 1年間に10人と結婚も 色々な意味で凄い(*゚Д゚*)
記事によれば、孫も33人をいるそうです。
“妻39人と子ども94人”
“部屋が約100室もあるピンク色の4階建て建物に家族と暮らしていた”
部屋数だけ見ると、それなりにちゃんと暮らしてそうでなかなか
 

 
PR