TOP > 国際 > 焦点:インバウンド消費が急減速、中国の新EC法や景気減速など三重苦 | ロイター

焦点:インバウンド消費が急減速、中国の新EC法や景気減速など三重苦 | ロイター

中国の法令変更が、日本の消費に影を落とし始めている。今年1月施行の中国電子商取引法(新EC法)では、海外で購入した商品を転売する者が同法の規制対象となり、転売目的の商品購入にブレーキがかかっている。中国経済の減速や円高・元安も重なり、インバウンド消費の先行きは、急速に不透明感が増している。...

ツイッターのコメント(26)

今年1月に中国で新EC法が施行してたんだ
“海外で購入した商品を中国で転売する者が同法の規制対象”
ちょっと古いですが、ロイターの解説記事。

日本での販売は、中国人に転売してもらうためにあるわけではありません。爆買いによって歪んだ商売が正常になるなら、それに越したことはないです。
日本の他、ヨーロッパ、オーストラリアの粉ミルクとか手荷物で持ち込むのに買いあさってたもんなʕ•ɷ•`ʔ
以前からささやかれていたことが、現実になってきている様子。中国での電子商取引に登録 ⇒ 納税が必要となり、転売業者等による購入が減る流れ。 《ニュース》焦点:インバウンド消費が急減速、中国の新EC法や景気減速など三重苦|ロイター
越境ECの登録厳格化に加え、中国の電取法改正で転売ビジネスは終焉を迎えたようだ。でも中国人旅行者の5割が訪日2回以下だから、インバウンドはこれから。資生堂の株ほしい。

| ロイター
高島屋の免税売上高 前年同月比15.1%減
大阪店は20.5%減
新宿店は19.5%減

*2度の台風で臨時休業や営業時間短縮を行った昨年9月でも2.7%減

| ロイター
2018年の花王のベビー用紙おむつ売上高は、前年比9%程度減少。ベビー用紙おむつを含むヒューマンヘルスケア事業は7%減となった。 今まで脱税しまくられだったんだろうか?
1月施行の中国電子商取引法(新EC法)では、海外で購入した商品を転売する者が同法の規制対象となり、転売目的の商品購入にブレーキがかかっている。
#春節 #インバウンド #関西経済
中国の法令変更が、日本の消費に影を落とし始めている。(法改正で)海外で購入した商品を転売する者が同法の規制対象となり、転売目的の商品購入にブレーキがかかっている
昨年11ー12月の中国向けは大幅減。日本電産と同じ状況>
銀座伊東屋本店もう終わったジャン。まあ、あそこまで中国人観光客優先で店を運営するなら、もう潰れれば良いと思うけどね。
日経平均2万1,000円は遠し。
2万800円台で足踏み、39.32高。。

中華圏では旧正月はじまる。
今夜の私は2月になっての新年会。

モノ→コトにインバウンドは移行するとの報道は本当?
渋谷は外国の人でいっぱいでした〜
高島屋(8233.T)の免税売上高は前年同月比15.1%減と大きく落ち込んだ。特に、訪日外国人の比率の高い大阪店は20.5%減、新宿店は19.5%減
百貨店はきついでしょうね
これはイタいなぁ
いろいろ変わるんだろうね

-
-
身近目にはインバウンドぴんちだわー
、中国以外の国からもっとお金使ってもらわんといかん!
中国人観光客の金の流れは空港の白タク(勿論違法)から中国→中国 で日本国内に金が落ちにくくなっている。
日本の医療へのタダ乗りや衛生面悪化(性病の増加)そして安全保障面から再考が必要。
背景にあるのは、中国で今年1月から施行された中国電子商取引法…
2018年の花王のベビー用紙おむつ売上高は、前年比9%程度減少。ベビー用紙おむつを含むヒューマンヘルスケア事業は7%減となった
インバウンド需要に賭けるなんてのは、博打でしかないと思うのだけどなあ。国内需要をもっと喚起しないとダメだよ。
政府への登録を義務付け、納税を義務化。脱税者には、刑罰を科すことも明記され、ECでの転売を目的に日本で商品を購入する「代理購入者」も電子商取引法での登録対象者となった。

| Article [AMP] | Reuters
これだと化粧品とか厳しいよね

| Article [AMP] | Reuters
警戒シグナル点滅:インバウンド消費が急減速、中国の新EC法や景気減速など三重苦(ロイター)
)
中国の法令変更が、日本の消費に影を落としている。今年1月施行の中国電子商取引法では、海外で購入した商品を転売する者が規制対象となり、転売目的の商品購入にブレーキが。
《海外で購入した商品を転売する者が同法の規制対象となり、転売目的の商品購入にブレーキがかかっている。》
中国人に限らないけども、転売目的で多数購入されると買いたい人の手に届かなくなるし、作り手への還元も妨げられ経済循環がゆがみます。
はいきたー。(´・ω・`)
中国の法令変更が、日本の消費に影を落とし始めている。今年1月施行の中国電子商取引法(新EC法
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR