TOP > 国際 > 焦点:香港デモで食い違う参加者数、正しい推計値の求め方 - ロイター

焦点:香港デモで食い違う参加者数、正しい推計値の求め方 - ロイター

16コメント 登録日時:2019-06-23 08:18 | ロイター.co.jpキャッシュ

世界有数の「金融ハブ」香港では今月、2度の大規模抗議デモが行われ、中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例改正案」の撤回を求める参加者が中心部の通りを埋め尽くした。...

Twitterのコメント(16)

@newrightmasayan @taji_na いつもの「高すぎる下駄を履いてコケる」パターンかなw
この国の人々共通の誇大妄想+虚言気質を考えると多くても15万人が上限ではないかな?実数は10万人いるかいないか程度だろう。東京ドーム(55000人収容)で約2杯分ならあり得ると思うが…
全人口の2%が反政府デモすれば正常な国内統治は難しくなるとされている中、約50~80万人が参加してる。これは少なく見積もっても約7%にあたる人数。今日で100日目
ロイターの記事( )によると実数をつかむのって現実的には非常に難しいみたいね。ちなみに同記事では6月16日のデモ(主催者発表200万人、警察発表33万8000人)について香港大学教授の「入手できる材料から、参加者数は50─80万人だったと推計する」という話を紹介している
50万人だとしても香港の人口比率からするとものすごくて日本で考えると810万人が参加してることになる。

> 葉教授は、入手できる材料から、参加者数は50─80万人だったと推計する。
@RA_PURA2014 香港デモは日本にも波及する可能性があるので、もちろんその記事内容も存じてます。
このツイは主催者発表を見出しにして部数を伸ばすメディアに対しての皮肉です。
100万はいる印象ですが、170万や200万はどうだろうという主観で述べました。

報道は中立性が必要かと。
そうか〜
ロイター社による科学的根拠で、香港デモ参加者数の計算方法記事が面白い。デモ主催側による反対派は200万人だ!というのは大袈裟かもしれない。
「200万人もの人をどうやって1人ずつ数えるのか。人間には無理ではないか」と、同教授は指摘する。
これめちゃんこおもろい。テーマの結論としては、香港警察の33万、主催の200万のどちらも都合のいい推計で、50-80万と。香港の人口は739.2万とある。
デモの参加者数の推計の話が興味深い。
日本の反政府デモの人数は推計する必要もない全数を写真から計測できるレベル。それを大盛りで報道するサヨクメディア。
香港デモの参加者は50─80万人くらいか。もちろん、それでもすごい。 …
いい記事。-
西側メディアではいい味出すことがあるロイター。
いろんなキーワードが出てきて主催者の200万人に批判的
ただこれ読んで思った、デモの最後まで行かず途中抜けて起点に戻る輩はいそう。

香港デモで食い違う参加者数、正しい推計値の求め方 |
日本でも疑問に思う数値の違い。推計方法を考察している記事。
只、本当は当局側と抗議側のバイアスの差では?、と思ってしまう。
「推計値は、科学的でなくなってきている。双方とも現実からかけ離れてきている」
「実際の人数は、本当はそれほど重要ではない。香港市民には非常に大きな力があり、それを誇りに思っている」
香港におけるデモ参加者数についての検証。こういった科学的検証は正確に把握するためにも重要な研究だと思う。なお、葉教授は50~80万人と推計している。
以上

記事本文: 焦点:香港デモで食い違う参加者数、正しい推計値の求め方 - ロイター

関連記事