TOP > 国際 > 英オックスフォード大の新型コロナワクチン、サルで有効と判明 - ロイター

英オックスフォード大の新型コロナワクチン、サルで有効と判明 - ロイター

英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンが、6匹のサルを対象にした試験で有効性を示し、これを受けて臨床試験が先月末から始まっている。...

ツイッターのコメント(11)

"ワクチンは肺でのウイルス増殖を抑え、肺炎を防いだという。ただ、鼻でのウイルス増殖は続いた。"やっぱ「機雷がミサイルに変形する」的な厄介なタイプ?:
これは期待のニュース。ワクチン開発に一歩近づいた?
今は総力戦。成果に期待したい。

英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンが、6匹のサルを対象にした試験で有効性を示し、これを受けて臨床試験が先月末から始まっている。
ロイター|英オックスフォード大の「」ワクチン、サルで有効と判明
接種後、ワクチンは肺でのウイルス増殖を抑え、肺炎を防いだという。ただ、鼻でのウイルス増殖は続いた。
おお、、それならみんな安泰だ😁🐒🐵
査読前です

米英の研究者らが査読前論文の掲載サイト「bioRxiv」で発表した初期の試験結果によると、ワクチンを1度接種したサルの一部が14日以内にウイルス抗体を産生したほか、全てのサルが28日以内に感染防御抗体を産生した。
オックスフォードのワクチンは
サル段階はクリア。
この抗体が新型コロナ感染防御するかはまた別の問題だろう。”一部”というのも不安。
「1度接種したサルの一部が14日以内にウイルス抗体を産生したほか、全てのサルが28日以内に感染防御抗体を産生した。」
カニクイくいか?
【英オックスフォード大の新型コロナワクチン、サルで有効と判明】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR