肥満、新型コロナ重症化のリスク要因 米国は脆弱=仏専門家 - ロイター

フランスの感染症専門家は8日、肥満が新型コロナウイルス感染症の重症化する主要リスクで、肥満率の高い米国はとりわけ脆弱との認識を示した。

ツイッターのコメント(24)

「感染者の88%は季節性インフルエンザと同様の症状にとどまっている」
「フランスではまだ集団免疫を獲得する状況からは程遠いとし、『初期のデータによると、免疫の達成率は予想よりも低い約10─15%』と述べた。」

 米国は脆弱
ワシやばいやん

| Article [AMP] | Reuters
これまでの統計で高血圧症や糖尿病が重症化のリスク要因になると報告されているのだから、それら(高血圧症や糖尿病)に罹るリスクを高める肥満がリスクにならないわけが無い
新型コロナ…重症化する条件が多いってより、軽症で済む条件探した方が早そう。そして少なそう…子供や若者は軽症ぐらいしかないじゃんw
フランス感染症専門家「 米国は脆弱」。
顔つきは中学生なのに身体は相撲取り並みのガキが、バカでかいマクドのバーガー・ポテト・コーラをガシガシ食ってて、コレじゃ日本は戦争に負けるわとマジで思ったロス空港での思い出。
やっぱりデブはリスクあるんか
俺、しぼうフラグ立ったな。

| Article [AMP] | Reuters
喫煙も肥満も生き残れなくなったということか。
 
PR
PR