アストラゼネカの新型コロナ抗体薬、後期試験で十分な効果示せず | ロイター

英アストラゼネカは15日、「モノクローナル抗体」を2種類組み合わせた抗体カクテル医薬品「AZD7442」について、後期臨床試験で新型コロナウイルスの感染者と接触した人の発症予防効果を十分に証明できなか...

ツイッターのコメント(7)

なるほど。
33%の優位性があっても、
「十分な効果はない」
となるのか。

薬剤が卵巣に集まった(すぐ消えるけど)だけで、不妊とか言ってる奴らも居るのにねぇ。

| Article [AMP] | Reuters
アストラゼネカの抗体カクテル、失敗したとのこと。ここでよく見てほしいのが試験結果。

プラセボに対して治験薬投与群の発症予防効果が33%上回ったものの統計学的に有意ではなかった。(雑に言えば偶然の範囲では?ということ)

プラセボ対照でこの結果でもこうなるのです。
ワクチンじゃなくて抗体薬。
Azは苦戦中。



「モノクローナル抗体」を2種類組み合わせた抗体カクテル医薬品「AZD7442」について、後期臨床試験で新型コロナウイルスの感染者と接触した人の発症予防効果を十分に証明できなかった
《アストラゼネカは15日、「モノクローナル抗体」を2種類組み合わせた抗体カクテル医薬品「AZD7442」について、後期臨床試験で新型コロナウイルスの感染者と接触した人の発症予防効果を十分に証明できなかったと明らかにした》
アストラゼネカは15日、モノクローナル抗体を2種類組み合わせた抗体カクテル医薬品「AZD7442」について、後期臨床試験で新型コロナ感染者と接触した人の発症予防効果を十分に証明できなかったと明らかに。
以上
 

 
PR