TOP > 国際 > ドイツのトラック突入容疑者射殺、シェンゲン協定に批判 | ロイター

ドイツのトラック突入容疑者射殺、シェンゲン協定に批判 | ロイター

ドイツの首都ベルリンで19日発生したクリスマスマーケットへのトラック突入事件の容疑者とみられる男が23日、イタリアのミラノ郊外で銃撃戦の末、殺害された。射殺されたのは独当局が行方を追っていたチュニジア人のアニス・アムリ容疑者(24)。過激派「イスラム国(IS)」系メディアのアマク通信に投稿された動画では、同容疑者がISのリーダーに忠誠を誓い、欧州のイスラム教徒に攻撃を呼びかけていた。ミラノ警察当局の説明によると...

ツイッターのコメント(36)

@EUinJapan 欧州は死刑に反対しています!
@GermanyinJapan ドイツでの容疑者射殺に抗議します。
容疑者の裁判を受ける権利を守れ!!

| Article [AMP] | Reuters
@GermanyinJapan コレと“死刑”の違いって何なんでしょうねェ…。→
もしも日本に犯罪者が自由に入ってこれるようになったら??? それでもグローバルに憧れますか??
シェンゲン協定が無くなったら、EUという枠組みの存在意義が無いのだけど
容疑者はドイツからフランスを経由しイタリアに入った。容疑者の足取りから、移動の自由を認めた欧州連合(EU)の「シェンゲン協定」が悪用された
Reuters★
犯人は決して難民では無く、チュニジアからイタリア経由しドイツへと入国したようだが、経済的豊かさを求めてのもの。
メルケル苦境に立たされてるな。2017年国政選挙は
- [ミラノ 23日 ロイター] - ドイツの首都ベルリンで19日発生したクリスマスマーケットへのトラック突入事件の容疑者とみられる男が23日、イタリアのミラノ郊外で銃...
「万人に裨益する」とは「悪人にも裨益する」ということなんじゃ。>
シェンゲン協定は素晴らしい物だと思うけどその代わりに対テロ、中東移民政策に対してより慎重に行うべき物を上っ面の感情で多くの健全な人達を危機に直面させている。
死刑制度は廃止してるけど射殺は良いのか。
メルケル「なんか全てにおいてアタシが悪いみたいな書き方よねコレ」
リベラルの理想が悪夢を呼ぶ
テロ一つ起きるごとに着実にEUがバラバラになっていくの、改めて凄まじいな
想定していた通り、シェンゲン協定に対する批判が噴出しているらしい。シェンゲンから得られるメリットの大きさは多くの人が認識しているとはいえ、このまま何もしないわけには行かないような状況になっている。
ユーロなんて理想だろうが、前提を間違えている。
トルコ、スイス、ドイツで発生した今回のテロ。これらを見ても尚、移民を受け入れましょうとか、イスラム教徒は悪くないとか、言える?
仏極右政党・国民戦線のルペン党首や伊野党・五つ星運動の創設者ベッペ・グリッロ氏などのユーロ懐疑派は攻勢を強めている。移動の自由を認めた欧州連合(EU)の「シェンゲン協定」
ドイツのトラックで射殺されたお兄ちゃんの写真
どこらへんが同一人物なのかよくわからない
イタリアで銃撃戦・・・もうなんか怖すぎる。年末年始に海外に行かない方が良いと思うよ・・・>
どうしても悪用されるなあ/
シェンゲン協定に批判
神が云々はどうでもいいが、アレッポに関しては何も語る言葉がない。
何とかならないものか…
被害者は戻らないからね
犯人が死のうが
卒業旅行イタリアのつもりなのにwwww
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー悪そうなお顔ですこと
難民申請却下されていた!根本原因は難民受け入れにある。日本は難民受け入れしているようだが銃撃戦の準備はあるのか。
犯人ではなく、容疑者とみられる人物という段階で捕まえずに殺してしまうことの多いこと。
死亡したくない・・・
[ローマ 23日 ロイター] - ドイツの首都ベルリンで19日発生したクリスマスマーケットへのトラッ
以上
 

いま話題のニュース

PR