インタビュー:参院選に強気の立憲民主代表、野党統一目指す国民民主代表 - ロイター

政府は26日午前の臨時閣議で、7月4日公示・21日投開票の参院選の日程を決定した。安倍晋三首相率いる自公連立政権との戦いに臨む野党の立憲民主党、国民民主党の代表にインタビューし、選挙選について聞いた。

ツイッターのコメント(46)

玉木代表、言行不一致📢
>国民の玉木代表は、支持率低迷の理由について「野党が分かれているので、そこに1票を投じても、大きな変化が起こると国民が思えないから」だとし、一番望ましいのは、野党がまとまって1つの党になることだとの見方を示した
同感。上方バイアスは確かにある。これは間違いない。
立憲は現実離れし過ぎて任せられんし、国民はだらし無さ過ぎる。これじゃダメだわ。初めて自民に入れるかも。
野党統一

枝野よ
お前は他党の下に無条件で付く事が出来るか?
野党統一とはそう言う事だ
その覚悟が無いお前のような小者が大言壮語など百年早い
いや、普段の支持率で与党を圧倒するくらいじゃないとだめでしょうが。何弱気な事を言っているの。
枝野氏「他の党との合併は…ありえない」…衆院選になった時には、他党との連立を含めた政権構想を自分が提示する…
玉木代表は…選挙が近づいてくれば、野党がまとまる機運も…

これではダメだな。
『武器としての世論調査』だね。> 「「選挙になると野党にブースト(押し上げ)が起きる」ことは、過去の例で示されていると指摘。」( | Article [AMP] | Reuters )
この記事を読む限りでは、玉木代表の方がより実際的で現実に即していると思う→
流石に自信無くなってきたのか焦ってるみたいですね
「与党側に上方バイアスがある」民主党政権の否定(笑)/
 
PR
PR