TOP > 国際 > コラム:成長と格差拡大、クズネッツ曲線は繰り返すか=河野龍太郎氏 | ロイター

コラム:成長と格差拡大、クズネッツ曲線は繰り返すか=河野龍太郎氏 | ロイター

河野龍太郎 BNPパリバ証券 経済調査本部長[東京 24日] - 理論上、自然利子率がマイナスの領域まで低下し、長期停滞に陥った経済において、積極的なマクロ経済政策に頼ったままでは、結局のところ、バブルか、大幅なプライマリー財政収支(PB)赤字か、あるいは大幅な経常収支黒字を抱え込むことでしか、完全雇用を達成できず、いずれも持続性に大きく欠ける。長期停滞に陥っていたと考えられていた日米独が現在、完全...

ツイッターのコメント(12)

アジア経済論 第11章不平等化するアジアを読んでいる人にオススメ
memo:|自然利子率がマイナスの領域まで低下し、長期停滞に陥った経済|マクロ経済政策に頼ったままでは…バブルか、大幅なプライマリー財政収支…赤字か…大幅な経常収支黒字を抱え込むことでしか、完全雇用を達成できず…持続性に…欠ける|
2018年1月23日 18:05 / 8時間前更新  ロイター
興味深い記事だった。
-
全て自動化の上ベーシックインカムで生活するという思想は嫌いじゃない。
所得分配の実現については、私は楽観的にはなれません/
河野さんのコラムはここ一年でどんどん視点が遠大になってる気がする。歴史・社会学の領域にまで及んでる内容で読み応えがとんでもない
世界同時好況→世界同時不況→(繰り返し)は当然のこと。
かつてない「ドーピング」を施している日本経済が受けるダメージが一番怖いわ。
いつも勉強になります
アメリカはバブルじゃないぞ。強さは本物。
「大きな産業構造の変化」を背景とした仮説はわかるけれど、結局所得配分の均衡を得るまでに至る所に多様な現象が起こるわけで、その全体が不確定性だw。>
というわけで次なるブラックスワンは暴力的に訪れちゃうね。株なんてオマケ!
以上
 

いま話題のニュース

PR