TOP > 国際 > コラム:回復弱い日本の消費、危機感薄い政府 コロナ追い打ちも - ロイター

コラム:回復弱い日本の消費、危機感薄い政府 コロナ追い打ちも - ロイター

5月に緊急事態宣言が解除され、経済活動が本格的に再開され出したが、国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費の回復テンポが鈍い。背景には不透明感の強い雇用・所得環境が影響しているとみられるが、ここにきて東京都での新型コロナウイルス感染者が急増。夏休みのレジャーに大きな打撃になりかねない状況となってきた。ところが、政府は目立った消費対策を検討しておらず、「後手に回る」危険性が高まっている。...

ツイッターのコメント(24)

終了してたのか!知らんかった…
→「政府は「弱い」個人消費への警戒感が薄いようだ。その証拠の1つに、キャッシュレス決済のポイント還元を6月末で終了させてしまった。」
まあ、消費税増税ですでにとどめ刺されている個人消費に、COVID-19が追い討ちかけたところですでに死んでる状況だから、仮にCOVID-19が終息しても、だからなんなの?なわけで
財務省のクソ官僚と日銀天下り総裁がアホだからな: -
「消費税減税でFAだろ、これを書いた記者は馬鹿じゃないのか?」

と思ったら執筆者は案の定、あいつだったw

未だに馬鹿なのか確信犯なのか分からん。
「Go To キャンペーン」だって首都圏の人達が国内旅行に動かないと効果がない。
なのにこのままでは首都圏から旅行に来てほしいと言うのはコロナ感染拡大のリスクを高めてしまう。
今やるのは首都圏のコロナ封じ込めと期間限定の消費税減税だろ。
無能な安倍政権。

消費しようにもお金も時間もありません。消費税減税は消費者にとっては助かりますが、そもそもお金を持っていない人の多さを考えると焼石に水かなと。2回目の現金給付があったらいいね👍
消費税減税という最高の手がありますが、なぜ使わないんですかね。
≫これまでの財政・金融政策の効果で株価は支えられてきたが、それによって「真の実態」を見失って政策対応が遅れれば、日本経済の「傷口」が縫合できないほどに大きくなることを懸念する/回復弱い日本の消費、危機感薄い政府
そういえば、例のキャッシュレス還元は五輪開幕直前までの“つなぎ”だったのだから、予備費でもなんでも放り込んで1年くらい延長するのかと思っていたのに、あっさり切りましたね。
なぜこんなに危機感がないのか😭
オリンピックは反対だけど…もし開催できても、その頃には泊まるホテルも入れる飲食店もなくなってるよ。もちろん、夜遊びのための夜の街も!
ドイツ政府は7月1日から半年間の期限で付加価値税を19%から16%に引き下げ、食料品などの軽減税率も7%から5%に下がった
日本では、消費税率の引き下げに対し、政府や与野党の「財政再建派」からは強い抵抗感が示され、コロナ対策のメニューからいつの間にか消えた
田巻氏の指摘通り。
【抜粋】このまま個人消費の低迷を放置していれば、1年ないし2年後に現在の何倍もの規模の経済対策を打つ事態に直面する危険性がある。
ドイツ政府は付加価値税を下げたが、

日本では、消費税率の引き下げに対し、政府や与野党の「財政再建派」からは強い抵抗感が示され、コロナ対策のメニューからいつの間にか消えた。
このまま個人消費の低迷を放置していれば、1年ないし2年後に現在の何倍もの規模の経済対策を打つ事態に直面する危険性がある。
消費税減税する時期でしょ 体裁気にしてるなら全品目軽減税率の対象にしましょ?
消費税減税はコロナ対策のリストから「消えた」そうです。

消えてねえよ。これからだよ、こ・れ・か・ら!!
<一部の民間調査では、非正規労働者が休業対象になっても、何も補償がないというケースが急増しているとの結果も>

「10万円を消費に回せ」と言うなら、非正規雇用を全員、正規に雇え!
夜の街がダメだ、国民の生活習慣がなってない、と責任転嫁ばかりして肝心の財政政策を何もしない政府。マスク送った後はこれか。どこまでも無能。
日本の政府は一体何をやっているのでしょうか...
このまま個人消費の低迷を放置していれば、1年ないし2年後に現在の何倍もの規模の経済対策を打つ事態に直面する危険性がある(記事より) -
まことに、ここへ来ても政府は無策に等しい。あの西村大臣の逆ギレ会見を見て、どれほどの国民が無策を嘆いたことか。
ムダに積んだ補正予算の莫大な予備費、何に使うつもりだよ?
こんな時に動いてこそ政府だというのに
以上
 

いま話題のニュース

PR