コラム:貿易赤字長期化の気配、遠くで点灯する円安加速リスク - ロイター

4月の貿易収支は9304億円の赤字となり、5600億円の赤字という予想を大幅に超えた。コロナショックが主軸の自動車輸出を大幅に減少させ、2020年だけでなく21年以降も貿易赤字が継続する可能性が出てき...

ツイッターのコメント(11)

貿易収支の赤字は従来の経済基盤の視点で憂慮するが、個人的には経常収支に注目したい。
記事に同意。「国境をまたいだ人とモノの動きが元に戻るのは、1年以上先になるとの予測が各国の研究機関から出ている。また、ワクチンや特効薬の開発が遅れており、人々に『安心感』が戻り、経済活動がいつ正常化するのか、そのめどは立っていない。(続)
4月は前年同月比で、輸入が約7%減、輸出は約20%減。輸出の10%分は自動車の減少が原因だ。
2018年、2019年共に1兆円越えの貿易赤字で、2020年も貿易赤字になる公算は大きい。
短期は円高、長期は円安と聞いたが。
後で読もう。
貿易が話題になるが、これにサービスは含まれるのかな。まあ額が小さいか。
日本は資本収支(だったかな)の黒字も大きいのでは。
絶望の安倍晋三政治。いつまでしがみつくの?いつまで大失敗政治やるの?早く辞めてくれよ
製造業だけじゃなくて観光など含めてやられているので、結局ITが強くないとコロナにも経済的に戦えないということ。自然のコロナによる影響で結局IT促進してなかったツケが出るとは皮肉ですね。
「コロナショックは、じわじわと進んでいた日本の産業の衰退テンポを「超短期間」に縮めてしまった可能性がある」
“衰退した稼ぐ力を取り戻すには、ウイズ・コロナやポスト・コロナにおける社会の変化を先取りし、リードしていく先見性と対応できる知力を発揮していくことが重要だ。”

貿易赤字長期化の気配、遠くで点灯する円安加速リスク|ロイター
日本売りの円売り、という記事ではないけど、長期的には国際収支の面で赤字が続けば円安を喜んでいられる時間は長くないという記事。
貿易赤字長期化、円安加速リスク
以上
 
PR
PR